くらし

れんこんの甘酢漬けと2種の展開料理【大庭英子さんの作り置きレシピ】

野菜を買ってきたらほんのひと手間かけて作り置きを。冷蔵庫にあるだけで料理の幅が広がり忙しい毎日の味方になってくれます。
  • 撮影・青木和義 文・長谷川未緒

れんこんの甘酢漬け

【材料(作りやすい分量)】
れんこん 2節(正味約400g)
酢 1と1/2カップ
水 1カップ
砂糖 大さじ3〜4
塩 小さじ1
赤唐辛子 1本

【作り方】
1.ステンレス製またはホーロー製の鍋に酢、水、砂糖、塩、赤唐辛子を入れ、ひと煮立ちさせて冷ます。
2.れんこんはピーラーで皮をむき、1cm厚さの輪切りにして水で洗い、水気をきる。
3.ステンレスまたはホーロー製の鍋にたっぷりの湯を沸かし、酢大さじ1、塩小さじ1/2(共に分量外)ほどを加え、2のれんこんを入れて混ぜる。煮立ってきたら、さらに5分ほどゆでてざるに上げ、ゆで汁をきる。
4.れんこんを保存容器に入れて1を注ぐ。冷蔵庫で保存。

※冷蔵庫で4〜5日保存できます。

◎手間いらずでおいしい!作り置きの展開レシピ。

れんこんのプロバンス風パン粉焼き

ボウルに材料を入れたら、よく混ぜ合わせる。パセリやにんにくの量は好みで加減しても。

甘酢の効いたサクサクしたれんこんと、カリッと香ばしい香草パン粉で、あとを引くおいしさ。

【材料(2〜3人分)】
れんこんの甘酢漬け 6枚
パン粉 20g
パセリのみじん切り 大さじ3
にんにくのみじん切り 小さじ1/2
塩・こしょう 各少々
オリーブ油 大さじ2〜3

【作り方】
1.ボウルにれんこん以外の材料を入れて混ぜる。
2.水気をきったれんこんを耐熱の器に並べ、1をふる。オーブントースターに入れて12〜15分ほど焼く。

れんこんと鶏手羽中の煮もの

れんこんを漬けた酢の効果で、鶏手羽中がしっとり、やわらか。すっきりしたコクのある味わいに。

【材料(2人分)】
れんこんの甘酢漬け6〜7枚
鶏手羽中6個(260g)
油小さじ1
酒大さじ2
れんこんの漬け汁2/3カップ
赤唐辛子1本(れんこんの甘酢漬けのもの)
しょうゆ大さじ2/3

【作り方】
1.フライパンに油を熱して鶏手羽中を入れ、中火で両面を焼きつける。
2.れんこんを加えて酒をふり、漬け汁、赤唐辛子、しょうゆを加えて混ぜる。蓋をして弱火で20分ほど煮る。

大庭英子

大庭英子 さん (おおば・えいこ)

料理研究家

料理研究家歴40年。素材の味を生かした、簡単でおいしいレシピにファンが多い。『30分で3品! 作りおき野菜おかず231』(西東社)など著書多数。

『クロワッサン』1063号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。