くらし

「毎日10分の捨て活」、整理収納アドバイザーのまあちさんの片付けメソッド。

散らかっても無理なくリセットして、きれいな状態をキープ。10分ですっきり片付けるためにまあちさんが毎日していることとは?
  • イラストレーション・鈴木衣津子 文・長谷川未緒

「捨て活で不用品をなくし、全てのものに住所を決める。」

整理収納アドバイザーのまあちさん曰く、「家事動線を考えて、全てのものの定位置を決めれば、散らかっていてもすぐに片づきます」。

本来、必要なものだけがある状態が、収納の大前提。そのため毎日10分と決めて、不用品をゴミ袋に詰めて手放す「捨て活」をしては、とも。

「物を処分するには、手足を動かし、決断し続けなければならないので、長時間がんばると疲れます。〝1日1捨て〟でもいいので、コツコツ続けることがおすすめです」

ずぼらな人は、見た目より使いやすさを重視するなど、自分に合った収納法を探ることも大切とのこと。

リモコンや体温計など毎日使うものを、リビングテーブル下にDIYで取りつけた棚に収納。「廃材、木工用ボンド、ネジを使って作りました」

ステンレスマグネティックツールホルダー25cm 2,860円(ダルトン http s://www.dulton.jp/onlineshop/)

マグネットになっているツールホルダーを玄関に取りつけ、鍵の定位置に。「帰宅後に鍵を適当な場所に置くことがなくなり、散らかり防止に」。

アルミ回転式フック、A4ファイルスタンドホワイト 各110円(共にseria https://ww w.seria-group.com)

向きを変えられるS字フックを使い、バッグを収納。「小さなバッグ類はファイルスタンドに入れて、出し入れしやすくしています」。

[10分あったらどこを片づける?] 

全てのものに定位置が決まっているので、無心で戻します。物に住所を決める際は、ごちゃごちゃするものは隠す、きれいなものは見せる、よく使うものは取り出しやすさ優先で見える収納、と決めています。

まあち

まあち さん

整理収納アドバイザー。暮らしを整え、楽にする家事などの発信が人気。(@maachi.k.k_home)

『クロワッサン』1065号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。