くらし

「フリーランスで保障がない…」、プロのアドバイスは?

無駄遣いしているつもりはないのに、なぜかお金が貯まらない……。そう悩む読者にファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんがアドバイス。あなたにもきっと役立つはずです。
  • イラストレーション・サンダースタジオ 文・一澤ひらり

フリーランスなので保障がありません。でも今の自分にもお金を使いたいし。

レイコさん 40歳/フリーアナウンサー/独身

■レイコさん家計シート

食費や趣味・教養・娯楽費は若干多めで節約の余地はあるが、フリーランスで不安定な立場のため、月々3万〜5万円を預金し、コツコツ貯めた2000万円の貯蓄は立派。今後は非課税でリスクの小さい運用をして、将来に備えたい。

フリーアナウンサーという仕事柄、美容と洋服のお金を削れず、出費がかさむというレイコさん。とはいえ、

「趣味・教養・娯楽費に5万円。その他の項目に洋服代と、まつエク、美容院、コスメ等の美容代を計上して5万円。このトータル10万円は2万〜3万、削減できる余地がありますよ」

という井戸さんのアドバイスに、レイコさんの関心がそそられる。人前に出る仕事ゆえ髪の手入れは必須だが、ヘアカラーとトリートメントを入れて美容院代は毎月2万円超の出費に。

「カラーとカットの美容院を分けてみては? そのほうがコスパがいい場合もありますよ。あるいはカラーなどは自分でやってみる方法もあるし」

次に井戸さんが注目したのはひと月4万円の食費。レイコさんは、

「ほぼ外食なんです。それにカフェ巡りが好きでインスタ映えするスイーツを探したり、デパ地下の高級サンドイッチやお惣菜を買ったりしています」

反省の面持ちのレイコさんだが、それが楽しみなら問題なし、と井戸さん。

「ただ、食費は4万円を上限にしましょう。週1万円を目安に、前の週が2000円オーバーなら、今週は8000円にする。そういう調整が大切です」

そこで気づいたのは、レイコさんには2000万円もの普通預金があること。

「何も運用していないのはあまりにもったいない! 非課税で20年運用できる『つみたてNISA』なら、年間の上限が40万円ですが、満額で20年運用すると元本800万円が1000万円ぐらいにはなります。すでに加入されている個人型確定拠出年金の『iDeCo』も満額で運用しましょう。受け取れるのは60歳以降です。これにプラスして自営業者の退職金代わりになる『小規模企業共済』をオススメします。私も加入していますが、これは受け取れる額が確定しています。『iDeCo』で老後の資金、『小規模企業共済』で仕事を辞めた時の保障、この2つはフリーの鉄板です。預金をこれらに徐々に移していって、賢く資産運用してください」

高額な普通預金は資産運用に。美容もできるものはセルフケアに。

井戸美枝

井戸美枝 さん (いど・みえ)

ファイナンシャルプランナー、 社会保険労務士

年金・社会保障問題をわかりやすく伝え、解決に導く。著書に『私がお金で困らないためには今から何をすればいいですか?』(日本実業出版社)など。

『クロワッサン』1062号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。