くらし

「おひとりさまで定年、リタイア後の暮らしが心配」、プロのアドバイスは?

無駄遣いしているつもりはないのに、なぜかお金が貯まらない……。そう悩む読者にプロがアドバイス。あなたにもきっと役立つはずです。
  • イラストレーション・サンダースタジオ 文・一澤ひらり

おひとりさまで、今年ついに定年。 リタイア後の暮らしが心配です。

ユウコさん 59歳/会社員/独身

■ユウコさん家計シート

独身でバブル世代、自由に使えるお金が多いため財布のひもはユルく、食費や雑費を浪費しやすい。
定年時に退職金は出ないが、社内持ち株を売ることになるので約1000万円の収入は期待できる。同時に住宅ローンも完済。

「1カ月の雑費が14万7000円! 白髪ケアに1万6000円ですか?」

ファイナンシャルプランナー、井戸美枝さんの声のトーンが少し上がる。

「白髪ケアで自由診療のクリニックに通い始めたんです。薄毛対策というか、全部で3万円と言われて塗り薬だけにしたんですけど、1年間は続けてくださいとのことで『ひゃ〜!』って」

と、言い訳口調になるのは、今年の秋に定年を迎えるユウコさん。おひとりさまゆえにリタイア後の生活を考えると不安が募る。

「65歳まで雇用延長できるので働くつもりですが、収入は半分ぐらいになってしまいます。住宅ローンは60歳で完済になるので、ギリギリ今の生活は保てるかも。でも、これから貯蓄を増やせるか気がかりで」

ユウコさんの家計シートを見て一番の問題点と井戸さんが指摘するのは、雑費の支出が多すぎるところ。

「通信費が1万円と低いのはよいし、光熱費も抑えられていますが、雑費だけ突出して高いですよね」(井戸さん)

うろたえながらもユウコさんは、

「先月はリモートワークで腰が痛くなってワークチェアを購入したり、実家の母に会うための新幹線代とか、イレギュラーな出費が重なってしまって」

変動が大きい雑費の支出をどう改善するかが節約のカギ、と井戸さん。

出費の上限を決めるしかないですね。12万円と決めて絶対それは死守する。そうしないと青天井です。大切なのは買いたいものに優先順位をつけること。その範囲内なら自由に使いましょう」

次に問題になるのは?

「食費の7万円も多い。2万円が外食とのことですが、あと5万円は?」

「食材とお酒が半々ぐらいですね。お酒をやめれば節約できるのはわかっているのですが……」(ユウコさん)

「でもそれは楽しみですものね。酒代を減らすというより、食材はまとめ買いすれば1週間1万円ぐらいで抑えられます。レシート読み取りで自動入力される家計簿アプリなどを使えば、支出が把握できてやりくりしやすいです」

実は、ユウコさんには定年後、大学院に進学して女性が働きやすい環境作りに関わりたい、というビジョンがある。井戸さんがアドバイスする。

「雇用保険の教育訓練給付制度を利用すれば、専門実践教育訓練なら最大受講費用の70%まで給付されます。ぜひ活用して夢を実現させてください」

雑費の上限を12万円と決め、必要な優先順位をつけましょう。

井戸美枝

井戸美枝 さん (いど・みえ)

ファイナンシャルプランナー、 社会保険労務士

年金・社会保障問題をわかりやすく伝え、解決に導く。著書に『私がお金で困らないためには今から何をすればいいですか?』(日本実業出版社)など。

『クロワッサン』1062号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。