くらし

ツナと長芋のにんにく塩炒め【高山かづえさんの小皿料理レシピ】

どこの家にもありそうな身近な食材の小皿料理。ササッと作れて、満足度も高し。魚介の旨みにしみじみ。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 構成と文・堀越和幸 撮影協力・UTUWA(TEL.03・6447・0070)

ツナと長芋のにんにく塩炒め

長芋を棒状に切って炒めると表面が軽く焦げ、ツナの旨みも染みやすく、サクサクの食感に。にんにく、オリーブ油でペペロンチーノ風の味。

【材料(2人分)】
ツナ缶 1缶(70g)
長芋 250g
にんにく 1かけ
赤唐辛子 1本
酒 大さじ1
塩 適量
オリーブ油 大さじ1
粗びき黒こしょう 少々

【作り方】
1.長芋は皮をむき、5cm長さ、7mm角の棒状に切る。にんにくはみじん切りにする。赤唐辛子は半分に折って種を取る。ツナは缶汁を切る。
2.フライパンにオリーブ油、にんにく、赤唐辛子を加えて中火で熱し、香りが立ったら長芋を加えて塩少々を振り、1分ほど炒める。ツナを加えてひと混ぜし、さっと炒め、酒、塩小さじ1/4を加え手早く炒め合わせる。
器に盛り、粗びき黒こしょうを振る。

髙山かづえ

髙山かづえ さん (たかやま・かづえ)

料理研究家

日常のおかずから、おつまみまで親しみやすいレシピを提案。12月上旬に最新刊『一生ものの副菜』(KADOKAWA)を発売予定。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。