くらし

お酒の力でふっくら仕上げる、たらと豆腐の梅蒸し。【ワタナベマキさんのフライパンで作る蒸し物レシピ】

焼く、炒めるといった使い方が多いフライパン。実はせいろいらず、失敗知らずで、手軽に蒸し料理ができてしまう優れものの一面が!
  • 撮影・三東サイ

たらと豆腐の梅蒸し

酒の風味と昆布のだしが相まった汁で食材を蒸し上げるので、上品な味わいに。

淡白な味わいのたらと豆腐に、昆布の旨みを含ませて、梅干しの酸味と塩気でいただく季節のごちそう。ぷりぷりとした食感は、蒸した豆腐ならでは。

【材料(2人分)】
生たら 2切れ(200g)
木綿豆腐 1/2丁(150g)
昆布(5cm角)1枚
梅干し(大)1個
酒 80ml
塩 小さじ1/2

【作り方】
1.たらは塩をふって10分おき、出てきた水分をペーパーでふく。
2.フライパンに昆布、たら、4等分に切った豆腐を入れ、梅干しをちぎってのせる。全体に酒をまわし入れ、フタをして中火にかけ、煮たったら弱火にして4分蒸す。

フライパンで作る蒸しものはいいことづくめの調理法。

フタを開けるとほんのり立ち上る、湯気とおいしそうな香り。フライパンで作る蒸しもののよさは、その手軽さ。

「もう一品というとき、ぱっとできるのがありがたいところ。素材の水分を活かし、オイルや酒の旨みを足して仕上げるのがコツ。多少火を入れすぎても失敗がないのもうれしい。フッ素樹脂加工の大小サイズがあると便利です」

と、ワタナベマキさん。炒めものよりさっぱりと食べることができ、体にも優しい。フライパンひとつでできるので洗い物も少なく、コンロも汚れにくい、と、いいことずくめの調理法。

「残り野菜にオイル、塩をふり、ベーコン、アンチョビ、ツナなどの味だし食材と水分を加えればさっとできるので、私も普段からよく作っています」

ワタナベマキ

ワタナベマキ さん

料理家

シンプルな中に発見のある、日々の食卓に役立つレシピで人気。著書に『ほったらかしでおいしい! 蒸しレシピ』(学研プラス)ほか多数。

『クロワッサン』1055号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。