くらし

じんわりと美味しさがにじみ出る、がんもどきが主役の3つのおかず【重信初江さんのレシピ】

あと一品というときに助かるがんもどきのレシピを、料理家の重信初江さんに提供してもらいました。扱いやすい時短の味方をもっと活用して。
  • 撮影・小林キユウ

スーパーで豆腐の隣に仲良く並んでいる、厚揚げ、がんもどき、油揚げ。値段も手ごろで扱いやすい良質なタンパク源。シンプルに炙って生姜醤油で食べるのも美味しいけれど、さらなるアレンジを知って積極的に食卓にのせたい。そこで料理家の重信初江さんに、それぞれの個性を生かしたレシピを提案してもらいました。

「いずれも適度に油気があるので、肉がなくても満足感があります。油を軽く生かせば旨みになるので、その特長をうまく使いましょう」

堂々とメインのおかずになるもの、あと1品というときに助かるもの。ぜひ覚えたいレシピばかりです。

[がんもどき]噛んだときに、じんわりと美味しさがにじみ出る。

がんもとひじきのマリネ

「作ってから馴染むまで少し時間が必要なマリネも、味しみのいいがんもならすぐ食べられます」。マスタードが効いて爽やかな小鉢。

【材料(2人分)】
がんもどき 2個
長ひじき 5g
赤玉ねぎ 1/4個
A[白ワインビネガー 大さじ1 オリーブ油 大さじ1/2 ディジョンマスタード・醤油 各小さじ1)

【作り方】
1.ひじきは戻してさっと茹でておく。
2.がんもどきは軽くキッチンペーパーで押さえてから、焼き網かグリルなどで少し焼き色がつくぐらいまで、上下を返しながら4〜5分中火で焼く。
3.玉ねぎは繊維を断つ方向に薄切りにし、ボウルに入れてA、1を加え混ぜ、4等分に切った2をさっと和える。

味噌チーズ焼き

味噌とみりんを混ぜたたれをかけ、その上にチーズを散らす。

火の通りの早さも豆腐製品の魅力。オーブン焼きもチーズが溶ければすぐ出せる。「味噌とチーズ、2つの発酵食品の旨みを楽しんで」

【材料(2人分)】
がんもどき 2個
エリンギ 1パック(100g)
ミニトマト 8個
A[味噌・みりん 各大さじ1] ピザ用チーズ 30g

【作り方】
1.Aを混ぜる。
2.エリンギは長さを半分に切って4つ割りに、ミニトマトはヘタを取り、がんもどきは半分に切る。
3.耐熱皿に2を並べて1をかけ、ピザ用チーズを散らし、温めたトースターで焼き色がつくまで4〜5分焼く。

がんもとかぶのナンプラー煮

ナンプラーでがんもと野菜を煮ると、白だし風の美味しい炊き合わせに。「ナンプラーを買ったけど使い切れない、というときにおすすめ」

【材料(2人分)】
がんもどき(小) 3個
かぶ 2個
かぶの葉 50g
A[水 1と1/2カップ ナンプラー 大さじ1 砂糖 小さじ1]

【作り方】
1.かぶは茎を1cmほど残して切り、6等分くらいのくし形に、葉は4cmくらいに切る。
2.鍋にAを煮立ててかぶと半分に切ったがんもどきを入れ、煮立ったら弱火にして4分煮る。
3.かぶの葉を加え、しんなりするまで1分ほど煮て火を止める。

重信初江

重信初江 さん (しげのぶ・はつえ)

料理家

作りやすく美味しいレシピで人気。著書に『味つけご飯とおみおつけ』(東京書籍)、『昔ながらのおかず 保存版』(主婦と生活社)など。

『クロワッサン』1052号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。