くらし

公園に隣接したカフェベーカリー「パークレット ベーカリー」が12月にオープン。

日本橋小舟町の堀留児童公園に隣接した『ソイル 日本橋』1階に、「パークレット ベーカリー」が12月にオープン。天然酵母のパンや、地球環境に配慮したコーヒーを提供する。
Kate Jaksich カルフォルニア料理アカデミーでカリナリー・アーツを、カリフォルニア⼤学バークレー校で⾔語学を専攻。サンフランシスコのLulu、The Fifth Floor、Delfina、The Slanted Door、Bar Tartine などを中心にレストランのサービスとマネジメントを経験。JJ (Jerry Jaksich) サンディエゴ⼤学で⼼理学の学⼠を取得した後、英語教師として北海道に滞在。バークレーにあるChez Panisseにて、自然食材やFARM TO TABLEの精神を学ぶ。その後、Chez Panisse時代の同僚とともに人気レストランであるRamen Shopをオークランドに開業。

「パークレット ベーカリー」は、地元の有機食材を用い「カリフォルニアキュイジーヌ」を確立した名店であるChez Panisseや、サンフランシスコのTartine Bakeryなどで経験を積んだアメリカ人夫婦のJJ & Kate Jaksich監修による、サワードウブレッドを始めとした天然酵母のパンを提供するカフェベーカリー。堀留児童公園側に広く開口部をとった店内は、キッズフレンドリーかつペットフレンドリーな空間だ。天然素材を活かしたパンや、土壌の再生と気候変動問題への寄与をミッションに掲げる「オーバービューコーヒー」のコーヒーを楽しめる。
店名の“パークレット(Parklet / Park-let)”は小さな公園、憩いの場、坪庭を意味し、カフェベーカリーと公園との接面に家具やアートを設置。公園の一部のような公共性の高い空間として利用される場所になって欲しいという思いからこの名称に。店内の一区画では「堀留画廊」と称したアート展示を実施予定。

パンや食事は、JJとKateが愛する伝統的なカリフォルニアのベーカリー文化を表現。地域で働く人々や子ども連れの家族まで楽しめるメニューを終日提供。天然酵母のカントリーローフ、農家から仕入れた季節の素材を使ったオープンサンドイッチ、自家製のジャムとスコーン、大麦サラダやレンズ豆のスープなど素材の味をやさしく引き出すメニューとなっている。
「オーバービューコーヒー」は、プロスノーボーダーであり環境保護に情熱を燃やすAlex Yoderによって設立され、地球温暖化の抑制に対して効果的と言われるリジェネラティブ・オーガニック農法、または同農法に切り替えを検討している農家によって生産された豆を専門に扱う。ポートランドで2020年春に発足したスペシャルティコーヒーロースターオーバービューコーヒーの東京直営店として、広島県尾道市瀬戸田の日本焙煎所で焙煎されたコーヒー豆を使用したコーヒーを楽しめる。

ソイル 日本橋

『ソイル 日本橋』は、1階部分に地域の子ども達が駆け回る、緑豊かな児童公園に隣接したカフェベーカリー、2階以上は公園ビューのコーポラティブオフィスからなる施設。
再開発が進む東京では、モノもヒトも常に入れ替わり、地域特有の温度や風土といった“ローカル性”を見出すことは難しくなっている。一方で、日本橋というエリアは町人文化の中心地としての伝統が深く残り、五街道の発着点だったという特性上からも、日本中のローカルを感じることができると考えている。
ソイル 日本橋には、尾道市瀬戸田、福島、軽井沢、富山、北杜や白樺湖など、全国各地の魅力的なローカルと深いつながりのある企業や団体が入居予定。多様な地域と付き合う各社が日本橋にも根を張ることで、ローカルと都市とが交わる活動拠点として機能していく。公園を拡張する役割を担いたいという思いから、一階は新たに壁を二面開き、施設から公園へ自由に出入りすることができるようになっている。施設内のギャラリーやイベントスペースを公園と繋げ、入居企業がつながる各ローカルから農家やクラフトマンが出店するマルシェ、地域の子供たちや家族に向けたワークショップやカルチャーイベントを開催し、町に学びと発見の場を生み出していく。

『パークレット ベーカリー』
住所:東京都中央区日本橋小舟町14-7  1F

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。