くらし

福寿園の新ブランド『FUKUCHA』から、オリジナルのブレンドティーが発売中。

宇治茶の老舗・福寿園の新ブランド『FUKUCHA』より、手軽に楽しく淹れられる新感覚のブレンドティーが新登場。おうち時間も楽しめるアイテムだ。

お茶のハンド・ドリップはこんなに美味しく、楽しい

「専用ドリップスタンド」(1,980円)※写真のガラスコップ、トレー、茶葉は付属しない。

福寿園は、寛政二年(1790年)の創業以来、茶一筋に歩み続けている京都の老舗茶舗。代々が築いた茶づくりの伝統の技を生かしながら、常に新しい技術を取り入れ、これからの時代のティーライフを提案。茶の世界をもっと気軽に、身近に、日常の中で日本茶との新しい出合いを楽しむ場所をつくりたい。そして次世代に、世界に伝えたい、その思いを込め、気軽な体験と新しい可能性を提案するブランドとして『FUKUCHA』は誕生した。

蒸らす時間や抽出効率を考え、ドリップフィルターのために開発したFUKUCHAオリジナルのブレンドティー。京都府産にこだわり”色””香り””旨味”それぞれに特徴ある茶葉を最も美味しくなるようにブレンドしたお茶を4種類発売する。

「緑茶ブレンド」(35g袋入、1,080円)お茶の鮮やかな緑色、旨味とコクを表現するため、京都府産では希少な被覆栽培(茶畑に覆いをかけ日光を遮って栽培する方法。緑鮮やかで旨味のあるお茶ができる。)の深蒸し茶を使うなど、計7種の茶葉をブレンド。少し加えた抹茶のまろやかさがそれぞれの香りと味をつなぎ、見た目にも爽やかなお茶。
「ほうじ茶」(30g袋入、1,080円)旨味、香りが詰まった“一番茶”の風味を大切にするため、浅く焙煎。香ばしい香りと渋味のないまろやかな味わい。
「玄米茶」(35g袋入、1,080円)ドリップでも炒り米の香ばしい香りをだすために、粉砕した炒り米をブレンド。お茶と炒り米を絶妙なバランスで配合することで、これまでにない、しっかりとした旨味も味わえる。
「和紅茶」(35g袋入、1,080円)切れのある渋味と成熟したまろやかさという正反対の特徴の紅茶を、程よくブレンドし深みのある味わいに仕上げた。心も落ち着くやさしい香り。※10月1日(金)より発売。

取扱店舗

福寿園 嵐山茶屋
茶寮FUKUCHA(さりょう ふくちゃ)京都駅店
茶寮FUKUCHA 四条店

『FUKUCHA』
嵐山茶屋、茶寮FUKUCHA京都駅店、四条店で発売開始。
各店の詳細はホームページを確認。
※画像はすべてイメージ。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。