くらし

市販のルーで!豆が主役のカレー3つ【ワタナベマキさんのレシピ】

素材それぞれの味や香りが引き立つヘルシーカレーのオンパレード! いつもとは違う味わいを楽しみましょう。
  • 撮影・青木和義 文・葛山あかね

枝豆と豚肉のカレー

【材料(2人分)】
枝豆(莢付き)200g
豚ロース薄切り肉150g
玉ねぎ1/2個
にんにく薄切り1かけ分
酒大さじ2
水350ml
カレーフレーク大さじ3と1/2
醤油小さじ2
塩・こしょう各適量
ごま油小さじ2

【作り方】
1.枝豆は塩少々を加えた湯でゆでて実を取り出す。豚肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎは縦薄切りにする。
2.鍋にごま油とにんにくを入れ、中火にかける。香りが立ったら豚肉を加え、軽く焼き目をつける。
3.玉ねぎを入れて透き通るまで炒め、塩、こしょうをして酒、水を加える。ひと煮立ちさせたらアクを取り、蓋をして弱火で約5分煮る。
4.枝豆を入れてさっと混ぜ、カレーフレーク、醤油を加えてひと煮立ちさせる。

【味わい】
どこか懐かしい雰囲気が漂うおうちカレー。薄切りの豚肉と玉ねぎという素朴な材料のなかに、枝豆独特の甘味と香り、食感が、爽やかに引き立つおいしさ。

ひよこ豆とひき肉のドライカレー

【材料(2人分)】
ひよこ豆(茹でたもの)100g
合いびき肉100g
玉ねぎ1/2個
にんにくみじん切り1かけ分
しょうがみじん切り1かけ分
白ワイン大さじ2
水50ml
カレールー50g
ウスターソース大さじ1
塩小さじ1/4
粗挽き黒こしょう少々
オリーブオイル小さじ2
パセリみじん切り小さじ1

【作り方】
1.玉ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイル、にんにく、しょうがを入れ中火にかける。
3.香りが立ったら1を入れて透き通るまで炒め、合いびき肉を加えて火が通るまで炒める。
4.ひよこ豆、白ワイン、水を入れてひと煮立ちさせ、カレールーとウスターソースを加えてルーを溶かしながら炒め煮する。
5.塩、こしょうで味を調え、パセリをふる。

【味わい】
肉の旨味に負けない、ひよこ豆の存在感! ホクホク感が楽しい一皿です。調味にはカレールーにウスターソースをプラスして、よりまろやかで深い味わいに。

レンズ豆とじゃがいものスパイスカレー

【材料(2人分)】
レンズ豆1/2カップ
じゃいがも4個(約320g)
玉ねぎ1/2個
にんにくみじん切り1かけ分
しょうがみじん切り1かけ分
白ワイン大さじ2
水50ml
カレー粉小さじ1
ナンプラー小さじ2
オリーブオイル大さじ1

【作り方】
1.レンズ豆は洗って鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて中火にかける。煮立ったら弱めの中火で約10分ゆで、ざるにあげる。
2.じゃがいもは皮付きのまま2cm角に切る。玉ねぎは1cm角に切る。
3.フライパンににんにく、しょうが、オリーブオイルを入れ中火にかける。香りが立ったら②を入れて玉ねぎが透き通るまで炒める。
4.白ワイン、水を加えて蓋をし、弱火で約8分蒸し煮にする。
5.カレー粉、ナンプラーを加えて汁気がなくなるまで炒める。

【味わい】
「カレー粉で香りを添え、旨味の塊であるナンプラーを加えることで全体がまとまります」。ごはんにのせても、常備菜にして、おかずやつまみとしても楽しめる。

ワタナベマキ

ワタナベマキ さん

料理家

いつでも自然体で、日々の暮らしを無理なく美味しく、丁寧に送る。雑誌やテレビで活躍。『ワタナベマキの10の定番弁当』(扶桑社)など著書も多数。

『クロワッサン』1045号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。