くらし

春巻きの皮のチーズサモサ【藤井恵さんのカレーをごちそうに変える副菜レシピ】

休日やおもてなしに、カレーをメインにしたフルコースはいかがでしょうか。
スパイスを隠し味にした付け合わせはオリエンタルな気分を盛り上げてくれます。
  • 撮影・福岡 拓 スタイリング・矢口紀子 文・中濱潤子

春巻きの皮のチーズサモサ

【味わい】
じゃがいもは、完全につぶしすぎず、ほくほく感を残すと、チーズとなじむ。巻き上がりの形は微妙でも、揚げれば不思議と愛らしい姿に。

【材料(6個分)】
春巻きの皮(縦に3等分し12枚に) 4枚
じゃがいも(よく洗い、皮付きのまま、ラップで包み、600Wの電子レンジで3分加熱し、皮をむいてつぶす) 1個
モッツァレラチーズ(6等分) 50g
クミンシード 小さじ1/2
A[玉ねぎ(みじん切り) 1/6個、生姜(みじん切り) 1かけ]
B[ガラムマサラ 小さじ1/2、塩 小さじ1/3]
C[小麦粉 大さじ2、水 大さじ1と1/2]

【作り方】
1.
フライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を入れて熱し、クミンシードを炒め、香りが立ったらAを加えて、薄く色づくまで炒める。
2.1にじゃがいもを加えて炒め、さらにBを混ぜ入れて火を通す。火を止めて粗熱を取る
3.Cを混ぜる。
4.春巻きの皮2枚を、3を糊にして、縦につなぎ合わせる(6枚になる)。
5.まな板に4を縦に置き、手前に2の1/6量をのせ、モッツァレラチーズを重ね、三角に折り上げるように巻いていき、巻き終わりに3を塗って留める。同様に計6個巻く。
6.鍋に、春巻きがかぶるぐらいの量のサラダ油(分量外)を入れて160度に熱し、5を入れて6〜7分かけて、ゆっくりときつね色になるまで揚げる。

藤井 恵

藤井 恵 さん (ふじい・めぐみ)

料理研究家

今回は、クミンやガラムマサラなど手に入りやすいスパイスを使って、油控えめ、ヘルシーな副菜を提案。最強のお弁当本と評判の『藤井弁当』(学研プラス)など著書多数。

『クロワッサン』1045号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。