くらし

チャンプルー以外でゴーヤを楽しめる4つのレシピ記事まとめ。

あのゴーヤ独特の苦味は夏ならではの味! ゴーヤチャンプルー以外のレシピを知って、より美味しくゴーヤを味わいましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.セロリとゴーヤのマスタード炒め。

辛みと酸味が特徴の粒マスタードは炒めると、ゴーヤなどのクセのある野菜とよくなじみます! ささっと炒めて調味料を加えるだけ。箸休めにぴったりな辛うまレシピです。

⇒詳細はこちら

2.ゴーヤのゆる粕ごま和え。

酒粕を水で溶いてペースト状にした“ゆる粕”をゴーヤと和えるだけで、腸にもいい健康副菜の完成。ゴーヤ独特の苦味がまろやかになります。

⇒詳細はこちら

3.ゴーヤとオクラの梅肉和え。

夏に食べたい野菜をふんだんに使った一品。梅の酸味が食欲をそそります。季節野菜は腸を温めて代謝をアップさせる効能も。積極的に食べていきましょう。

⇒詳細はこちら

4.ゴーヤの肉詰め。

以前、沖縄料理屋でアルバイトをしたことがあるヒャダインさん。そこで出されていたゴーヤの肉詰めを思い出しながら作ってくれました。マヨネーズがいいアクセントに。

⇒ 詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。