くらし

【試して納得】ボディラインを品よくカバーしてくれる、夏にぴったりの袖なしカットソー。

きちんと感を保ちつつ、肌ストレスを押さえたこだわりの生地が着ていて心地よい。夏の大人のカジュアルに重宝するトップスを紹介します。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・板倉ミキコ
グレー、ホワイト、ネイビーの3色展開。

どれだけこのシリーズを愛用しているんだ、と自分にツッコミを入れたくなりますが、お気に入りのカットソーに夏にぴったりなノースリーブもあったので、早速購入してしまいました。

正式名は「袖なし丸胴コットンカットソー」と言います。

ソフトな風合いを極限まで追求した、極甘撚糸を使った綿100%の生地は、とても贅沢な質感。

糸を贅沢に使ってあるので、肌への当たりが優しく、透け感が気になりにくいのもポイント。

伸縮性もよく、洗濯を繰り返しても型崩れしにくく、買った当初のきちんと感が保てます。

だから、Tシャツにしてもこの袖なしにしても、クタッとしたカジュアルな印象にはならず、パリッとしたパンツやスカートとも相性がいいんです。

同シリーズのTシャツもこの季節におすすめ。女性のカラダに合う、襟ぐり、袖の長さ、着丈、身丈が考えられている。

定番のデニムと合わせても、だらしなく見えないのがいいところ。

以前、同世代のスタイリストさんが「大人になるとカジュアルな服ほど慎重に選ばないと…。ボディラインを拾い過ぎる薄手のカットソーは、余計老けて見えることもあるから」と言っていたことを思い出します。

たるんだ背中、二の腕、腰まわり…。重力に抗うことを忘れていく、私のワガママなボディラインを美しく見せてくれるのが、このカットソーシリーズなんです。

ボトムスや靴を吟味して、大人のきちんと感をキープしたカジュアルスタイリングが可能。

厚手で下着が響かないので、1枚で着られるのが暑い季節にぴったり。

汗っかきな私はダークな色のトップスを着たときは汗じみが気になりますが、こちらは厚地なので相当大量の汗をかかない限り汗じみは目立ちません。これなら脇汗で恥ずかしい思いをせずに済みます。

ノースリーブは、それこそ露わになる二の腕が心配になりますが、タンクトップと違い、二の腕を出し切らない袖ぐりで品の良さをキープ。

肌着とは一線を画すシャープな首元。襟ぐりがクタッとせず、首のラインも綺麗に見せてくれる。
着丈は約55cm。ボトムスから出したコーディネイトでも収まりが良い。

我が物顔の二の腕の主張も、このデザインなら控えめに抑えられます。

身幅が45cm程あり、ちょっとゆとりのあるシルエットなので見た目も着心地も爽やか。ボトムスから出して着られる着丈で、コーディネイトの幅が広がります。

こちらのシリーズのもう一つの強みは、肌ストレスをできるだけ感じさせないように作られた製法であるということ。丸胴というのは、ストッキングのようにぐるりと丸く編み上げている、という意味で、腰回りの縫い目がありません。また、内側には製品表示やタグも一切ないんです。

二の腕にほんのすこし生地がかかる、絶妙な袖ぐり。腕がスッキリ見える。

蒸し暑い日本の夏を、涼しい顔しておしゃれに過ごすなら、肌ストレスが少なく、きちんとした見た目はキープできるトップスがあると便利です。(ライターMikiko)

<商品概要>

■商品名 袖なし丸胴コットンカットソー(税込4,620円)

■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。