くらし

住まいを軽やかに着替えていく、スタイリスト・石井佳苗さんの家。

どこか飽きがきた自宅をどうしたらいい? スタイリスト・石井佳苗さんが指南する、インテリアを更新するヒントとは。
  • 撮影・枦木 功 文・鈴木奈代

自分と向き合い、まずは好きを知る。

3匹の愛猫”シャインズ”は石井さんの暮らしを幸せにしてくれる相棒。

「自宅のインテリアと向き合うことは、すなわち自分と向き合うこと」と石井さんは言う。

石井さんが暮らすのは築50年のヴィンテージマンション。フルリノベーションをした室内は〝好き〟が詰め込まれた宝箱のようだ。置かれた家具やものたちは、誰かが持っているからとか、誰々のデザインだからではなく、丁寧に見極めた

「自分がいい」と思えるものばかり。一度に揃えようとすると「まぁいっか」になりがちだから、「少しずつ」もポイントだ。

「手に入れたものには、きちんと飾る場所を用意し、輝かせることも、ものへの礼儀だと思います。そうして少しずつ家の中の好きな部分を増やし、嫌いな部分を減らしていく。『これでいっか』ではなく『これがいい!』に変えていくことで、だんだんと自分らしいインテリアになっていきます」

好きと思う世界観はそれぞれ違って当たり前。まずは自分と向き合い、好きを知ることが大切だ。

でも、そうやって手に入れた好きなものに囲まれた空間でさえ、飽きを感じることはある。そんな時は、模様替えをしてしつらえを変えてみたり、ものや家具を動かしてみるといい。

「紹介したファブリックやアートを替えること以外にも、ダイニングテーブルと仕事用のデスクを入れ替えたり、椅子を替えたり。我が家はスペースの都合で大きなソファも固定のTV台もないので、柔軟に家具の配置を変えられます。その2つをドーンと置いてしまうと、家具が固定されがち。スペースが限られる場合は、たまに来る来客のためのソファではなく、座り心地のいい一人掛けの椅子を数脚置いてみるとか。そのほうがフレキシブルに楽しめると思います」

凝り固まった空間も、ものや家具の配置を変えるだけで見え方や気分が変わる。動かしてみると空気が流れだし、澱みも消えていく。

「家具も一生ものと捉えずに、インテリアに合わなくなったり、飽きてしまったら、思い切って人に譲ったり、手放すのも策です」

こうして住まいも軽快に着替え、更新していけば、ずっと好きでいられるはず。気持ちに寄り添い、パワーチャージできる場所であり続けるに違いない。

取っ手ひとつで扉が見違える。

タイ・チェンマイから持ち帰った取っ手。白い扉もこれに付け替えるだけで愛嬌のある表情に。

気分転換はお香で。

日々の暮らしに香りは不可欠。東京香堂のインセンス「森のささやき」は雨の日に。

本棚は個性を発揮する場。

本棚も格好のディスプレイスペース。
本の表紙を見せたりオブジェや陶器を飾っても。

光と風が通る家に。

寝室や廊下の扉はナニック社のウッドシャッター。
光を調節でき、風を家じゅうに通す。

テーマを決めて飾る。

テーマを決めてまとめると美しく整然と見える。
ガラス棚の2段目にはシルバーのものを。

家具も入れ替え、気分を変える。

窓の外の緑が気持ちいい仕事スペース。机は時々ダイニングテーブルと入れ替えて気分転換。

鏡をアート代わりに並べて掛ける。

壁に鏡を飾ると広がりを感じる。動くたびに映り込む景色や反射する光が変化し、飽きない。

旅の思い出を集めたコーナーを。

旅先で見つけたものやお土産を集めて飾り、思わず笑みがこぼれる楽しいコーナーを。

石井佳苗

石井佳苗 さん (いしい・かなえ)

スタイリスト

インテリアスタイリストとして雑誌、広告、CMなどで幅広く活躍。昨年開始したオンライン講座「Heima Home Design Lesson」も人気。https://www.heimalesson.com

『クロワッサン』1046号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。