くらし

スタイリスト・石井佳苗さんが指南、小さなラグで魅力的なコーナーを作る。

どこか飽きがきた自宅をどうしたらいい? スタイリスト・石井佳苗さんが指南する、インテリアを更新するヒントとは。
  • 撮影・枦木 功 文・鈴木奈代

小さなラグで作る魅力的なコーナー。

「小さめのラグはかさばらず、敷き替えも楽で、いくつか手に入れると空間の使い方がグンと広がります。仕切りがない大きなリビングダイニングも、それぞれラグを敷くことで仕事場、読書コーナーなどにゾーニングでき、緩やかに仕切ることができます」

部屋のデッドスペースを減らすことにも繋がるラグ使い。家具の前や下にラグを敷くと、足裏が心地よさを感じ、ついそこに立ち止まったり、寛げる効果もある。

リビングの中央など通常空いているスペースにも小さめのラグを。さらにテーブルと一人掛けのソファを置き、寛ぎの場に。「ここに敷くラグも季節や気分で替えています」。写真はイラン製で、毛足が短く夏向き。

珍しい細長タイプを廊下に敷けば、アクセントになり、足触りもよい。ただの通路が魅力的なエリアに変わる。写真はラグ好きの石井さんが特に惹かれるトルコ製の赤系のもの。

アートを飾ったチェストの下にもラグを。家具の前に敷く場合は家具幅より小さいサイズでもOK。写真は手のこんだオーバーダイドという製法のラグ。

石井佳苗

石井佳苗 さん (いしい・かなえ)

スタイリスト

インテリアスタイリストとして雑誌、広告、CMなどで幅広く活躍。昨年開始したオンライン講座「Heima Home Design Lesson」も人気。https://www.heimalesson.com

『クロワッサン』1046号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。