くらし

ディルで風味よく、野菜とうずら卵のピクルス【上田淳子さんのハーブレシピ】

  • 撮影・青木和義 文・室田元美

野菜とうずら卵のピクルス

ピクルス液は砂糖の分量を減らさないことが味の決め手。よく冷ましてから容器に注ぐ。
野菜と卵に熱湯をかけて殺菌。このひと手間が、ピクルスを長持ちさせる秘訣(約2週間)。

容器に漬け込み、香りがなじんだら食べ頃。

【材料(1L瓶1瓶分)】
にんじん・ヤングコーン(茹でたもの)・きゅうり・セロリ・うずら卵(茹でたもの)など合わせて500g程度
ピクルス液[酢300ml、砂糖75g、塩大さじ1/2、水1/2カップ]
ディル4枝

【作り方】
1.ピクルス液の材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせて冷ます。
2.野菜は食べやすく切る。ざるに野菜とうずら卵を入れ、殺菌のために熱湯を回しかける。冷めたら保存用の容器に入れる。
3.1にディルを入れたものを2の容器に注いで漬け込む。

上田淳子

上田淳子 さん (うえだ・じゅんこ)

料理研究家

フランス、ベルギーなどで料理を修業、西洋の家庭料理の著書も多数。近著は料理初心者のための『初めてのひとりキッチン』(講談社)。

『クロワッサン』1044号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。