くらし

女性のひとり老後のためのかしこい年金の受給の仕方は?

長生きするのはいいけれど、心配なのが老後の備え。不安を解消するには、自分を取り巻くお金の状況を把握することから始めよう。ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士の井戸美枝さんに教わります。
  • 文・太田祐子 データ、表提供・井戸美枝さん

結局いちばんかしこい年金の受給の仕方は?

これには、井戸さんがとっておきのおひとりさま作戦を教えてくれた。

「それは、自分の年金をもらう時期を遅らせることです。夫が65歳になったら、まずは夫の年金を受給してそのお金の範囲内でなるべく生活を成り立たせることがリスクヘッジになる」

自分の年金受給を70歳まで遅らせれば、前述したように42%アップした金額を終身受け取ることができる。夫が先に亡くなった場合、その遺族年金と増えた自分の年金を受け取るのが効果絶大な方法だといえそう。

「専業主婦の場合、夫が亡くなったら、受給できる年金は夫の老齢厚生年金の75%になり、基礎年金や企業年金はもらえなくなります。だから自分の年金と合わせてもそれまでの受給額の半分くらいになってしまう。

遺族厚生年金は多くても10万円弱なんですね。自分の国民年金しかなかったら、その5万円の受給額を繰り下げて7万円にする。17万円あればなんとか生活費は賄えるのではないでしょうか」

<年金の受給を遅らせると…>

上は妻が専業主婦の場合。妻も会社員なら、厚生年金と国民年金それぞれの受給時期をずらすことも可能。
井戸美枝

井戸美枝 さん (いど・みえ)

ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士

経済エッセイストとしても歯切れ良い解説にファンの多い井戸さん。著書に『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』など。

『クロワッサン』1038号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。