くらし

スウェーデン発の高性能空気清浄機『ブルーエア』から新サイズが登場。

スウェーデン発の高性能空気清浄機『ブルーエア』。シンプル& カジュアルなBlueシリーズのラインナップを拡充。ブルーエアの基幹テクノロジーを搭載し性能アップした新サイズの「Blue 3210」と、「Blue 3410」を発売中。カラーは北欧の自然をイメージしたシックな5色を展開。
写真左「Blue 3210」(2万2,000円、)、右「Blue 3410」(3万5,000円)※共にブルーエアストア価格

「Blue 3210」・「Blue 3410」は、シンプルな操作性とパワフルな清浄力、そして円柱形のコンパクトボディの「Blue Pure 411」をベースに、ブルーエアの基幹技術「HEPASilent®テクノロジー」をはじめ、「オートモード機能」・「空気環境ステータスランプ」等を新たに搭載、性能面においても利便性においても進化した。
「HEPASilent®テクノロジー」は、粒子イオン化技術と高性能フィルタレーションシステムを組み合わせたブルーエア独自の基幹技術で。本体下部360度全方向からパワフルに空気を吸引、ファンが空気を効率的に引き上げ、天面から部屋全体にきれいな空気を供給する。
綿ぼこりなどはプレフィルターでキャッチし、ハウスダスト、花粉、PM2.5、ウイルスや菌などはイオナイザーでマイナス帯電させ、多層フィルターで強力に吸着し、0.1μmまでの微粒子を 99.97%除去する(Camfil社による実証データ。実際の効果は、部屋の状況や使用方法により異なる)。また、ココナッツカーボンフィルターがさまざまなニオイの低減にも効果を発揮する。

またBlueシリーズではじめてセンサーを搭載。部屋の空気状態に合わせて自動的に運転スピードを調整する「オートモード機能」と、空気環境を3色のLEDランプで知らせる「空気環境ステータスランプ」も実装、さらに便利になった。

(cap)写真左から「Arctic Trail」(本体同胞カラー)、「Night Waves」、「Archipelago Sand」、「Winter Reed」、「Aurora Light」(Blue 3210用:各2,000円、Blue 3410用:各2,500円)※共にブルーエアストア価格

洗い替えできるファブリック製のプレフィルターは、北欧の自然をイメージしたシックな 5 色のカラーを揃え、素材とカラーラインナップを一新。本体はマットな質感に仕上げ、LDKなど暮らしのメインスペースでも高いインテリア性を発揮。

『ブルーエア』
「Blue 3210」製品寸法:幅200×奥行200×高さ425(mm)、適用床面積(※)~25㎡(15 畳)
「Blue 3410」製品寸法:幅260×奥行260×高さ520(mm)、適用床面積(※)~57㎡(35 畳)
※日本電機工業会 JEM1467 規格に基づく数値。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。