くらし

【和田裕美のお悩み相談】本を部屋に積んで読めていません。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は本を読みたいのに思うようにはかどらない女性からの相談です。

<お悩み>

本を読みたいのに読めません。いつも読みたいなと思う本を買ってきては机に積んで気づいた頃にはまた新しい本を積んでしまいます。本を読むという気持ちが足りないのでしょうか。家事や仕事の合間に読めばいいのですが数ページごとに読むと前に読んでいた内容を忘れてしまい一歩戻りながら読むことになってしまうので面倒くさくなります。

和田さんが日々継続してインプットをする上で気をつけていることやコツなどがあれば教えていただきたいです。

(南のスナフキン/女性/31歳。仕事をしながらSNSで漫画やエッセイを書いています。)

和田裕美さんの回答

南のスナフキンさん、こんにちは。

お名前から察するに
孤独を愛する方でしょうか?
一人キャンプとか好きなのかなと
勝手に妄想しています。(笑)

さて、本が読めないということですが
いろんな理由があります。
どれかな?ちょっと探ってみてください。

例えば、その本を読みたい気持ちや
中身を知りたいという気持ちが
実は薄かった、実は興味がないから
なんてことありませんか?
わくわくしないのでついつい他のことに
意識がむいてしまうのです。

そんな場合はもう
「自分にとっては必要ない情報なんだ」
と思い切って
積んでるものを捨ててしまうのです。

そうするとすっきりして
心も整理整頓されていき
自ずと本当に必要なものを
手元に置くようになります。
その本だけは時間をかけて読んでみてください。
好きなものは読めるはずです。

あるいは、
大量の文章を読むことに慣れていない
ということはありますか?

今まで論文をたくさん読んだり
小さい頃から親の影響で本に囲まれていた
なんていう人は
文字に慣れているので
理解するのが早いわけですね。

その場合は、地道に
「今日は10ページだけ進もう」
なんていうふうに、ちょっとずつ進めてください。
無理なく徐々に慣れていく感じです。

そして他に私が思うのは、
もしかしたら南のスナフキンさんは
とても性格が規則正しいというか
きっちりされている方ではないですか?
だから、ちゃんと全部理解してから
前に進みたいと思ってしまうのかも。

私の場合は大雑把な性格なので
本を読んでいて
少々分からないことがあっても
どんどん前に進んでしまいます。
前に進んでいれば
さっき忘れたことを思い出したり
わからないことが
わかるようになったりするときもあるのです。

そして全ページ読まなくても
興味ある箇所だけ読むとか
最初から読まなくても
興味あるページが真ん中なら
そこから読んだっていいのです。

もうちょっと自由に読んでみたら
面白くなって止まらなくなるかもですよ

本の世界に没頭すると、
まさに南のスナフキンの大好きな
「一人の世界」です!堪能してください!

どれか当たっていてお役にたてますように……。

和田裕美

和田裕美 (わだひろみ)

作家・営業コンサルタント

京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオやNHK Eテレ番組にレギュラー出演など多岐に渡り活動中。代表作に、『成約率98%の秘訣』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『人の心を動かす話し方』(廣済堂出版)、『いざという時に結果を出せる本番力』(ポプラ社)など。学校などで陽転思考の体験授業も実施。公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。