くらし
更新:

【和田裕美のお悩み相談】嫌なニュースばかりでげんなりします。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回はニュースを見ることで暗い気持ちになってしまう女性からの相談です。

<お悩み>

今年に入ってからです。テレビでニュースを見るのが辛くなりました。特にこのニュースということはありませんが、あまりに耳によくないニュースが多いというか信じたくない、世の中の汚い部分を見るとげんなりします。

それで病んでしまったとか、ものすごく悩んでいるというわけではないのですが、ずーんと暗い気持ちが続いています。

ニュースは世の中の出来事を切り取って報じているものですから、実際には自分が知らないだけでもっとひどいことが隠れているのだろうとも思います。

つぶやきのような悩みですが、何かお言葉いただけますでしょうか。

(ツバキ/女性/50代。パートをしています)

和田裕美さんの回答

ツバキさん、こんにちは!
そうですよね、暗いものを見ると
気持ちが沈んでしまいますよね……。

人って、不安定なときは余計に
悪いニュースのほうを
良いニュースよりも
信じやすいみたいです。
悲観的になっているから。(笑)

それに
人は自分に自信がないとき、不安なときは
自分より不幸な人を探して
気持ちを上げようとする傾向もあります。

だからこそ、
暗い気持ちになってしまう人が
今年は特に多いんです。

でも、
何を見るか、何を聞くか、何を信じるかで
自分の世界は作られます。
暗いものをみれば
未来を想像するときも
どんよりしたものになります。

でも、明るいものを見れば
未来はどんどんわくわくした世界に
変わります。

ええ、ツバキさんも、わたしも
同じ世界に生きているので
目の前に本当にある事実が
大きく変化はしないでしょう。

けれど、パズルのピースを選ぶように
自分の人生の絵を描くとしたら
明るいピース選びたくないですか?

今日から
良いニュースを探してみてください。

人を助けて表彰された人は?
女芸人No. 1は?
流行りのお菓子は?
売れてる漫画は?
儲かってる会社は?
最近の動物園で人気は?
今年豊作だった果物は?

わたしはコロナで
人が街から消えたときに
自然が戻り
野生動物が街に来ているニュースを見て
嬉しくなってました。(笑)
(動物好き)

世の中にはたくさんの感受性がある。
親切な人の心が溢れる場所もある。
驚くほどきれいな景色がたくさんある。

いいところを見てください。
そしたら
ツバキさんの世界
一瞬で変わります。

和田裕美

和田裕美 (わだひろみ)

作家・営業コンサルタント

京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオやNHK Eテレ番組にレギュラー出演など多岐に渡り活動中。代表作に、『成約率98%の秘訣』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『人の心を動かす話し方』(廣済堂出版)、『いざという時に結果を出せる本番力』(ポプラ社)など。学校などで陽転思考の体験授業も実施。公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。