くらし

ピカソのセラミックコレクションに出合える、青山の小さな美術館『ヨックモックミュージアム』が10月25日(日)にグランドオープン!

一般社団法人YMハウスは、『ヨックモックミュージアム』をピカソの誕生日・10月25日(日)に合わせ、ヨックモック青山本店に近い南青山6丁目にオープンする。  
2階建ての小さなボリュームが組み合わさった家型の『ヨックモックミュージアム』。中庭を介して光、風、植物を感じられる。素材もピカソのセラミックやお菓子の様に焼き物にこだわった。屋根はピカソがセラミック制作をしていたコートダジュールの瓦ディテールをオマージュ、床や壁は陶芸窯で使われている耐熱レンガをイメージした。
全体的に丸みのある親しみやすいフォルムと、主となるコレクションのセラミックをシンボルモチーフとしてロゴデザインを構成。ポスターやカタログ、グッズなどのグラフィックへも展開。

『ヨックモック』の創業者である藤縄則一氏の“菓子は創造するもの”という思いを受け継ぎ、『ヨックモックミュージアム』の館長 藤縄利康氏が精選し、ヨックモックグループが30年以上かけて500点以上収集してきた、世界有数のピカソのセラミック作品を、さまざまな企画展を通して鑑賞できる。
ピカソの豊かで自由な発想が投影された、“菓子とアートのコラボレーション”や“アートセラピーを応用したアートセッション”などの独自の教育プログラムも楽しめる、都市型の新しいタイプの美術館だ。
誰もが驚きと発見に出合える場を提供し、アートによる全ての人と人とのつながりを創造する。
オープン記念企画展は、ピカソ研究者による最先端の研究を企画展示で紹介する予定。
ヨックモック青山本店同様、四季折々のハナミズキも楽しめる中庭のあるカフェだけでも利用可能。気分に合わせて日常の中で気軽にアートに触れ、友人宅で過ごすようにリラックスして過ごせる。

エキシビション〈ヨックモック・コレクションについて〉

ヨックモック・コレクションは、ピカソのセラミック作品のエディション(南仏の町ヴァローリスにあるマドゥラ工房で、ピカソが熟練した職人たちと協働し創り出した作品。)を数多く収集した、世界で有数のコレクションのひとつ。ピカソのエディションにおいて最も特筆すべき点は、職人が型やろくろによって形態を忠実に複製し、ピカソがときに型破りな方法で生み出した形態や効果をも再現したことだ。
セラミック制作に初めて本格的に着手した、1947年から1973年に死去するまで、ピカソはフランス南部のヴァローリスにあるマドゥラ工房でラミエ夫妻と協力しながら、数千点にものぼる作品を制作。ヨックモック・コレクションはお椀、水差し、食器、大皿といったエディションとして生産された多岐にわたる容器や優れた大型の作品が含まれ、ピカソの粘土を通じた創造の比類なき記録となっている。

ラーニング

人々が芸術にふれ、驚きと発見に出合い、生活をより味わい深いものにすることを目指し独自のラーニングプログラムを設けている。特にアートセラピーを応用したアートセッションは、芸術の心理的、精神的な効用にも着目。多様な参加型プログラムであり、人々の創造性の向上や心の休息を得られる機会を提供する。
また、ここでしか体験できない、「アート×お菓子」の世界やアートセッションも開催予定。ヨックモックのお菓子の世界と、ピカソという芸術の世界の出合いを通し、お菓子をもっと面白く、芸術をもっとおいしくする、お菓子とアートのコラボレーションを企画・実施していく。

Program1 アートセッション:小さな子どもから高齢の方まで、独自のさまざまなアートプログラムを楽しみながら体験することで感性を育み、脳の活性化やストレス解消を通し心の開放と創造性を伸ばす。
Program2 レクチャーシリーズ:企画展示に合わせた学芸員の解説や、若手アーティストや研究者、有識者のトークセッションなどで最先端のアート情報に触れ、知的好奇心を満たすイベントを開催予定。若手パティシエとのコラボレーションレクチャーなど、ヨックモックミュージアムならではのプログラムも!

カフェ

「カフェ ヴァローリス」は、 ピカソが戦後、精力的にセラミック制作に取り組んだ町の名前にちなんで名づけられた。
自然光が心地よいカフェの中庭は、四季折々の美しさを楽しむことができる。ヨックモックミュージアム内のコレクションを楽しんだ後は、余韻に浸りながらくつろぎの時間をすごせる。カフェのみの利用も可能。
ヨックモックグループ内ハイエンドパティスリーブランド「アン グラン」のミニャルディーズ(ひとつまみサイズのお菓子)も提供。ヨックモックミュージアムならではのメニューとして、アートを短時間で楽しめるクラフトキットに、ドリンクと焼菓子もついたアートキットメニュー「Art for café 」(1,500円、税込)も用意。のんびりとカフェで過ごしながら気軽にクリエイティブワークが楽しめて、アートな気分でリフレッシュできる体験型カフェメニューだ。
カフェ内に隣接してライブラリースペースも設けており、ピカソ・ライブラリーを通して、ピカソに関する知識を広げることができる。その他、アートセッションや、お菓子とアートのコラボレーションイベント等も企画・実施し、セラピーや食といった、異なる分野から学際的に考える機会を設ける。

「カフェ ヴァローリス」
ヨックモックミュージアム1階
営業時間:10時〜17時、毎週金曜日は20時まで ※L.O.は閉店の1時間前まで
店休日:月曜日・年末年始(※ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日)
カフェに関する問い合わせ:TEL 03-3486-8000

『ヨックモックミュージアム』
開館日時:10月25日(日)※新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更となる可能性がある。
休館日:月曜日・年末年始・展示替期間 ※ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日
開館時間:10時〜17時 毎週金曜日は20時まで ※入館は閉館の30分前まで
住所:東京都港区南青山6丁目15-1 ヨックモックミュージアム
チケット代(税込):一般:1,200円、大学生・高校生・中学生:800円、小学生以下:無料
※障がい者手帳を提示の場合、本人と介護者1名様のみは無料
※大学生、高校生、中学生は学生証等の年齢のわかるものを提示
美術館に関する問い合わせ:TEL 03-3486-8000

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。