くらし

ほうれん草カレー【久松農園のまかないレシピ】

露地畑で有機栽培する久松農園の野菜には、土が育む命の香りと旨みがたっぷり。力強い魅力を余すところなく生かしたレシピを教えてもらいました。
  • 撮影・キッチンミノル、久松達央(風景)、柳原久子(料理、人物) 文・角田奈穂子(フィルモアイースト)

「たっぷりほうれん草がいただける農園ならではの濃厚なカレー。」

【材料(4人分)】
ほうれん草600g
玉ねぎ(みじん切り)1個分
あいびき肉300g
にんにく(薄切り)2かけ分
しょうが(みじん切り)1かけ分
牛乳100ml
久松農園のトマトジュース(他の市販品でも)200ml
市販のカレールウ4かけ
ご飯適量
サラダ油大さじ1

【作り方】 
1.ほうれん草は塩ゆでし、ざく切りにする。フードプロセッサーかミキサーに入れ、牛乳を加えて攪拌し、ペースト状にする。
2.フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、しょうが、玉ねぎを入れて弱火で炒める。玉ねぎが飴色になったら、あいびき肉を加え、中火でパラパラになるまでまで炒める。トマトジュースを加えて軽く煮る。
3.水300mlを加えて煮立ったら火を止め、カレールウを加えてよく混ぜて溶かす。
4.弱火にかけ、再び煮立ったら火を止める。
5.器にご飯を盛り、4をかけ、大根とにんじんのつけ合わせ2種を添える。

ほうれん草をざくざく食べているようなカレー。久松さん曰く「品種の違う青菜を複数使うのがいい」そうで、ほうれん草は一般種とちぢみほうれん草を使用。カレールウは中辛以上のスパイシーなものがよく合う。

大根のカチュンバル風

【材料(作りやすい分量)】
大根1/2本
クミンシード・レモン汁各大さじ1
レッドチリパウダー少々
塩適量
黒こしょう少々

【作り方】
大根は皮をむいて1cm角に切り、塩を軽くふる。水けをきって、クミンシード、レモン汁、レッドチリパウダー、塩、黒こしょうを混ぜる。

せん切りにんじん

【材料(作りやすい分量)】
にんじん1本
塩少々
オリーブオイル小さじ2

【作り方】
にんじんはスライサーで千切りにして塩をふり、しんなりとしてきたら水けを絞る。オリーブオイルを混ぜ合わせる。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。