くらし

葉にんにく餃子【久松農園のまかないレシピ】

露地畑で有機栽培する久松農園の野菜には、土が育む命の香りと旨みがたっぷり。力強い魅力を余すところなく生かしたレシピを教えてもらいました。
  • 撮影・キッチンミノル、久松達央(風景)、柳原久子(料理、人物) 文・角田奈穂子(フィルモアイースト)

「葉にんにくは、にんにくの成長途中の若い葉。香りと甘みがクセになる!」

【材料(30個分)】
葉にんにく2本(70g)
玉ねぎ1/2個(80g)
切り干し大根(乾燥)10g
餃子の皮(大判)30枚
豚ひき肉250g
しょうが1かけ
ごま油小さじ1
オイスターソース小さじ1
塩小さじ1/4
サラダ油大さじ2
仕上げ用ごま油小さじ1/2

【作り方】 
1.切り干し大根は水で硬めに戻し、水けを絞ってみじん切りにする。
2.葉にんにく、玉ねぎ、しょうがはみじん切りにする。
3.ボウルに豚ひき肉と塩を入れ、白っぽくなるまでよく練り、しょうが、ごま油、オイスターソースを混ぜてさらに練る。
4.3に葉にんにく、玉ねぎ、切り干し大根を加え、さっくり混ぜる。
5.餃子の皮に4の具をのせ、皮のふちに水を塗り、端からひだを寄せて包む。
6.フライパンにサラダ油を熱し、餃子を並べて中火で焼く。焼き色がついたら熱湯を餃子の半分の高さまで注ぎ、ふたをして強火で蒸し焼きにする。
7.水けがなくなってきたら仕上げ用ごま油を回しかけ、焼き目を上にして皿に盛る。

葉にんにくが旬の春に、久松さんが家族のためにホットプレートを使ってよく作る一品。葉にんにくの特徴は、香りがマイルドで甘みが強いこと。たれは酢醤油でさっぱりと。葉にんにくを茎にんにくや長ねぎ、セロリに替えてもおいしい。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。