くらし

弁当に彩りを加える笹の葉【 #クロワッサンの広場 】

ブログやSNSはやりたくない、でも写真と文章で表現したい。そんなあなたにぴったりの投稿企画「クロワッサンの広場」。今回は募集中のテーマ「ステイホームを充実させる知恵」に寄せられたえびせんさんのアイデアをご紹介。毎日の食事をささやかなイベントにしてみませんか。

ステイホームでも笹の葉があればピクニック気分!

新緑が芽吹き、庭先から吹き抜ける薫風が心地よい季節。
自宅でも青々とした緑を取り入れたいなと思い、葉っぱでご飯を包んでみることにしました。

笹の葉の旬は、夏前の時期だそう。
冬はカサカサしてしまって、色もくすんでしまっています。
葉がやわらかい今の時期に採っておき、冷凍室で保存。使う時に湯通しすればればまたきれいな緑色にもどるので、一年中緑を楽しめます。

私はお弁当に 笹の葉 と葉ランを取り入れて、自宅でのんびりピクニック気分を味わいました。

写真以外にも、葉っぱの上に唐揚げやたくあんを乗せてみたりと色々試したのですが、驚いたのは水も油もきれいに弾くこと。

使ったあとは汚れるのですが、洗えばすぐに元どおりになります。

外食( 特に飲みに行くこと ) が好きで、ステイホーム期間をどうやって過ごそうかと悩んでいましたが、最近では自分で工夫して食事を楽しめることを学びました。

見ため良くできたら嬉しいし、味にバラつきがあっても、作った経緯を考えると深々とした味わいがあります。

レシピ本を見ながら、また憧れの誰かの真似をしながら、日々自分の手で生み出す経験を重ねることで、豊かさを感じられるのだなあと、葉っぱに包まれたおにぎりをほおばりながら、想いをめぐらせました。

編集部からひとこと。

SNSでもいろんな人のおうち時間を見ることができますが、その工夫の幅広さには日々驚かされます。テレビでは自宅からタレントが出演するのもすっかり当たり前に。私たちの適応能力は思ったより高いのかもしれません。笹の葉もまたお弁当箱の中にすっかり馴染んでいますね。(編集部やまごや)

おうち時間にあなたも文章を綴ってみませんか? ⇒ 投稿はこちらから!

※笹や葉ランを使用する際には洗剤を使った水洗いや湯通しによる消毒など適切な処理を行ってください。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。