くらし

はじめてのオンライン飲み会で知るいつも通り。【 #クロワッサンの広場 】

ブログやSNSはやりたくない、でも写真と文章で表現したい。そんなあなたにぴったりの投稿企画「クロワッサンの広場」。今回は募集中のテーマ「ステイホームを充実させる知恵」に寄せられた小手毬さんのエッセイをご紹介。話題のオンライン飲み会の様子にも興味しんしんです。

はじめてのオンライン飲み会で知るいつも通り。

「ねぇ、ちょっとやってみようか?」

週末自粛の要請が出たはじめての週末。いつもの仲良しメンバーのグループLINEでふと誰かが言い出したメッセージ。
それはSNSなどでも盛んに言われている“オンライン飲み会”の誘い。

SNSを通じてみんなが元気なのは知っているし、普段通りの日常を過ごそうとしている。
でもやっぱりそこはかとない“不安感”はぬぐいきれなかった。

よしやってみよう。
じゃあつないでみよう。
あれ、うまくいかないよー。

なんていって5人が集まった。
みんな部屋着、そしてメイクをしていない友人たちの顔に、「みんな顔がイケてないねー」なんて笑いながら画面越しで乾杯。

最初は自分の顔が映る画面に照れてしまったけど、それよりも何よりもホッとしてしまった。みんながちゃんといて、生活していることに。
いつも見慣れている顔たちの、どこか緩んでいる表情がなんだか嬉しい。

話す内容は、今見ているテレビの話、好きな芸能人の話……。いつもと変わりない内容だけど、出てくる言葉の最後には

「このムードが終わったら絶対に行こうね、やろうね」

今まではいつかやればいいと思っていた日常の些細なことも、キラキラ輝く宝石みたいな出来事だったのだと改めて思わされる。

最初ははじめてのオンライン飲み会で浮き足立っていたが、徐々に飲んでいたお酒がなくなったから買ってくる人、ごはんを食べ始める人、携帯をいじり始める人、途中参加する人、眠いから寝る、と言って離脱する人……。

そうそう、私たちは普段からこんな感じで足並みが揃わない。

なんだ、いつも通りじゃん。

また来週もオンライン飲み会をする約束をして、通話ボタンを切って、すぐ眠りへ。

回を重ねていくうちに、自作したおつまみを見せ合ったり、今週の出来事を話したり。
新しい楽しみも増えてはいるけど、会話が途切れる時間も増えている。

でも気にならない。それがいつもの私たちだから。(小手毬)

編集部からひとこと。

ネットを使いこなす世代を中心に大流行のオンライン飲み会。ああ、こういう感じなのか、と大変興味深く拝読しました。実際に集まれないのは少し寂しいけれど、インテリアを見せあったり、料理自慢をしたり、リアルとは違う楽しみもありそうですね。(編集部のぐぽん)

おうち時間にあなたも文章を綴ってみませんか? ⇒ 投稿はこちらから!

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。