くらし

女優のふせ えりさんが手みやげに推薦!横浜 泉平の いなり·かんぴょうのまぜパック

  • 撮影・黒川ひろみ、高橋久雄(ふせさん) 文・嶌 陽子

子どもの頃から慣れ親しんだ、横浜の老舗の味。

テレビドラマや映画でおなじみの女優、ふせえりさん。6歳から神奈川県横浜市で育ったという“ハマっ子”だ。

「東京で暮らす今も、プロ野球は横浜DeNAベイスターズファン。横浜スタジアムで観戦することもあります。横浜市歌も歌えますよ。小学生の時、朝礼などで必ず歌っていたので覚えちゃったんです。横浜育ちの人はみんなそうみたいで、横浜出身の人に会うと、市歌で盛り上がります。『わーがひのもとは♪』っていう出だしの部分を歌うと、相手が『しーまぐによ♪』と続けてくれるんです(笑)」

今回挙げてくれた『泉平』も、横浜の馬車道に本店を構える老舗。いなり寿司は、子どもの頃から馴染みのある味だ。

「お正月や法事など、皆で集まる場には必ずこれがありました。昔ながらの、甘くてどこか懐かしい味。東京にもいろいろないなり寿司があるけれど、私にとっては、おいなりさんと言えばこれです」

お気に入りは、いなり寿司とかんぴょう巻きが入った“まぜパック”。

「おいなりさんを食べて、かんぴょう巻きを食べて、またおいなりさんに戻る。このバランスがまた絶妙なんです」

横浜スタジアムへ野球を見に行く際に買って観戦仲間に渡したり、友人宅でのランチ会に持参したりと、さまざまなシーンで活躍している。

「ランチ会でも好評です。お酒にも合うし、パスタやサラダ、チーズなんかと並べてもつい手が伸びる。おいなりさんって、意外と万能なんですよ」

お店も食べ物も、一度気に入ったらそれ一筋というタイプ。今も、『泉平』の近くでロケがあると必ず立ち寄って買っていくという。

「お店のおばちゃんに『今日はどうしたの?』って聞かれて、『ちょっと近くで撮影があって』なんて答えたりしてね。きっとこれからも通い続けると思います」

ふせ えりさん
女優

笑いのユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」、コントユニット「ビシバシステム」などを経て、現在は女優として映画、TVドラマなどで活躍中。出演映画『裏アカ』が公開予定。

よこはま いずへい●神奈川県横浜市中区尾上町5-62-2 TEL.045-681-1514 営業時間:10時〜20時、無休。天保10年(1839年)創業の老舗。まぜパック1人前(いなり4個、かんぴょう巻き1本)は950円、ほかにいなり1本319円、かんぴょう巻き1本316円など(すべて税込み)。取り寄せ不可。
http://izuhei.net/

*「横浜市歌」森林太郎作詞 南能衛作曲

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。