くらし
更新:

元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者の内藤大助さんが手みやげに推薦!札幌千秋庵のノースマン

  • 撮影・黒川ひろみ 文・黒田 創

帰省すると食べたくなる、道産子おなじみの味。

「千秋庵という北海道じゃ有名な菓子メーカーがあって、そこの〈ノースマン〉というお菓子が昔から大好き。千秋庵は〈山親爺(やまおやじ)〉というのも有名で、道産子はみんなそのCMソングを歌えますよ。♪出てきた 出てきた 山親爺〜って(笑)」

と話すのは元プロボクサーの内藤大助さん。子どもの頃、〈ノースマン〉はめったに食べられないお菓子だった。

「家が裕福じゃなかったので、たまに誰かがおみやげで持ってきてくれるのが楽しみでしたね。母親が出すおやつは、カンカイという魚の干物とか、鮭とばとか、もう渋いものばっかりだったんです。だから〈ノースマン〉のあんこの甘さとパイのしっとり感は子ども心に格別でした。近所に住んでいる祖母は僕に甘くて、駄菓子とかも買ってくれたんだけど、〈ノースマン〉はウチのほうじゃ売っていなかった。やっぱり特別な存在でしたね」

今でも帰省すると食べたくなる味だ。

「最近じゃ実家に普通に置いてあるし、僕が空港で買っていったりもします。それにしてもウチの母親は厳しかったなぁ〜。初めて日本チャンピオンになった時、家にベルトを持って帰って報告したのに少しも喜ばないで、“まだ世界には強い人がいっぱいいるんだろ?”なんて平気で言う。頭にきたけど、その反発心でもっと上を目指せた面はありますね」

現役時代は試合前の減量に苦労した。

「試合が決まると、40日前から胃腸を冷やさないよう、水は夏でも常温しか飲みません。食事は温野菜と鶏のささ身中心、茹でると栄養素が抜けちゃうからレンジ調理です。最後は水も食事もギリギリで、計量当日なんてあと300g減らすために、ガムを噛んで唾を出して計量に臨んでました。1カ月以上空腹状態ってやはりつらいですよ(笑)。その分、試合のない時期は、甘いものも含めよく食べましたね。強いボクサーは皆、大食いなんです」

内藤大助(ないとう・だいすけ)さん
元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者

1974年、北海道生まれ。’96年プロボクサーデビュー。2004年フライ級日本王座獲得。’07年WBC世界フライ級王座獲得。初防衛戦で亀田大毅を下し因縁の対決と呼ばれる。’11年に現役引退。タレントに転身。

さっぽろせんしゅうあん●〈本店〉北海道札幌市中央区南3条西3-13-2(4月中旬まで改装工事につきクローズ中) TEL.0120-378082(お客様相談室/受付9時〜17時、無休) 新千歳空港店など北海道内に29店舗。昭和49年発売。北海道の小豆を使ったこし餡がパイで包まれ、しっとりとした口当たりのノースマンは、1個170円(税込)。10個入りなどもあり。ネット通販可。senshuan.co.jp/shop

『クロワッサン』1018号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。