くらし

瀬尾幸子さんのドッグサンドのレシピ。

ひとつで主食もおかずも完結。お弁当の原点・おにぎり&サンドイッチを自由に楽しむコツを、瀬尾幸子さんに教わります。
  • 撮影・青木和義 文・新田草子

前夜の残り物もおつまみも、パンの包容力でおいしいランチに。

「日本の食パンは口当たりも香りも優しく、包容力がある。味噌やしょうゆ味の和のお総菜にもよく合います」

野菜のごま和えやたらこ、残り物の肉じゃがをマッシュして挟むこともあるという瀬尾さん。

「マヨネーズやチーズを加えると、よいつなぎ役に。その場合、お総菜を少し甘めにするとバランスがよくなります」

そして、とにかく具はたっぷりと。

「さまざまな味や食感を一度に味わえるのがサンドイッチの最大の魅力。パン2枚と同じくらいの厚みの具を挟むつもりで、とことん盛りましょう」

挟んだらしっかり押さえてラップで包み、その状態で半分にカットする。

「挟みにくい形状の具は、食パンで巻いたり、ドッグパンを使えば大丈夫です」

ここに紹介するレシピをヒントに、ぜひ独自の組み合わせを編み出して。

〈ドッグサンド〉

ちくわなど長いものや、少々汁けのある具も受け止めてくれるのがドッグパン。「今回は正面に切り込みを入れましたが、側面に切り込みを入れるとさらに具がたくさん入ります」

ちくわ磯辺+マヨネーズ

ちくわ1本にプロセスチーズ適量を詰め、天ぷら粉と水各小さじ1、青のり少々を混ぜた衣にくぐらせて揚げる。切り込みを入れたドッグパン1本にちくわとレタス少々を挟み、マヨネーズをたっぷりかける。

しぐれ煮のバインミー風

牛薄切り肉(赤身)200gを砂糖大さじ1と1/2、しょうゆ大さじ3で煮て、しぐれ煮を作る。もやし50gは耐熱容器に入れて電子レンジ(500W)で1分加熱し、砂糖小さじ2/3、酢小さじ1、塩少々を混ぜて冷ます。切り込みを入れたドッグパン1本にもやしとしぐれ煮各適量を挟み、あればパクチーの葉少々を散らす。

瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さん●料理家。日々のごはん作りに役立つ、合理的なアイデアを提案。『賢い冷蔵庫:ラクするためのおいしい下ごしらえ』(NHK出版)ほか著書多数。

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。