くらし

気取らず楽しめるブラッスリー『Vicky’s』が 2月14 日(金)にオープン!

ハイアット リージェンシー 東京に、新店舗ブラッスリー『Vicky’s(ヴィッキーズ)』が2 月 14 日(金)、オープンする。こだわりのランチから、オープンキッチンで仕上げるアフタヌーンティー、ディナー前のちょい飲みまで、使い勝手のいいブラッスリーが誕生。
『Vicky’s』料理長の大滝 実氏。生産者に敬意を払い、本当に美味しいものだけを提供することがモットー。さまざまなレストランを経験。素材の持ち味を最大限に活かした料理が得意。
『Vicky’s』料理長の大滝 実氏。生産者に敬意を払い、本当に美味しいものだけを提供することがモットー。さまざまなレストランを経験。素材の持ち味を最大限に活かした料理が得意。

 『Vicky’s』料理長の大滝 実氏。生産者に敬意を払い、本当に美味しいものだけを提供することがモットー。さまざまなレストランで経験を積み、素材の持ち味を最大限に活かした料理が得意。

『Vicky’s』は、“気軽に仲間同士でにぎやかに過ごせる店”をコンセプトにしたブラッスリー。店名は、友人の家を訪れるように気軽に来店してもらいたいという思いを込めて、外国人女性の愛称から着想を得た。ランチタイム、ティータイム、ディナータイムと時間帯によって表情を変え、何度訪れても新しい体験ができるブラッスリーだ。

料理長は正統派からコンテンポラリーなフレンチまで多くの経験を持つ大滝 実氏が務め、「生産者に敬意を払い、本当に美味しいものだけを提供すること」をモットーに、日本各地の食材を使った、素材の持ち味を最大限に活かした料理を提供。

ランチタイムは、全国の産地や生産者を厳選して集めた食材を使ったセットメニュー。ティータイムにはパティシエがオープンキッチンで仕上げていくライブ感あふれるアフタヌーンティー。ディナータイムにはスタンディングスペースでのちょい飲みや、テーブル席で前菜、魚料理、肉料理、デザートのセットをシェアするスタイルで楽しめるなど、エリアごとにさまざまな過ごし方ができる。

また、ブラッスリースタイルならではの豊富なドリンクメニューを取り揃え、通常ボトルでしか提供しない貴重なプレステージワインもグラスで用意。全75席の広々とした空間の店内で、明るくフレンドリーなスタッフが迎えてくれる。
気軽に来店できるよう、『Vicky’s』ではサービス料はない。友人同士でのランチやアフタヌーンティー、こだわりが詰まったディナーはもちろん、仕事終わりの1杯など、自分にぴったりの楽しみ方が見つかるはず。

『Vicky’s』
オープン日:2月14日(金)
営業時間:ランチ 11時30分~14時30分、ティータイム 14時30分~17時、ディナータイム 17時30分~23時(フードL.O. 22時、ドリンクL.O. 22時30分)
住所:東京都新宿区西新宿 2-7-2 ハイアット リージェンシー 東京1F
メニュー
<フード>
ランチ:ランチセット 3,500円/4,500円
ティータイム:アフタヌーンティーセット 4,500円
ディナータイム:ア・ラ・カルト 800円~/Vicky’s セット 5,000円
<ドリンク>
ワイン 800円~、クラフトビール 900円~、スピリッツ 1,200円~、ウイスキー 800円~、カクテル 900円~、ソフトドリンク 500円~

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。