くらし

杉江松恋さんが薦める、北欧ミステリの3作品。

話題の北欧ミステリを本読みのプロが紹介します。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・三浦天紗子

{北欧ミステリ}

杉江松恋(すぎえ・まつこい)さん●書評家、作家。東京都生まれ。講談師・神田松之丞さんの聞き手を務めた『絶滅危惧職、講談師を生きる』が新潮社より文庫化。

北欧ミステリはいまや年末の風物詩でもある各誌ミステリベストテンの常連。国内外のミステリに精通している杉江松恋さん曰く、

「北欧ミステリといえば、王道は、個性的な警察官たちが存在感を見せる警察小説です。猟奇的で陰湿な雰囲気の中で、貧困や虐待、死刑制度、差別など社会問題を色濃く描くのが特徴。高いリーダビリティーも魅力です」

『湿地』は、著者の故郷アイスランドの首都レイキャビクが舞台のシリーズで、本書が初邦訳作品。

「変死体が発見され、被害者の過去を探っていくうちに、どんな不条理や社会のひずみがその悲劇を生んだか。どういう因果で現代の事件と結びつくかの背景が見えてくる。正統派の北欧ミステリです。主人公のエーレンデュルという捜査官はいつも不機嫌なのですが、彼にとって家族は悩みの種。彼が周囲に当たり散らす理由もわかるので、本書から読み始めるのを勧めたいです(笑)」

『地下道の少女』は、スウェーデンのストリートチルドレンをテーマにした重苦しいミステリ。

「ストックホルムには巨大な地下網があり、市警察の警部たちは地下住民の助けを借りるべく駆け引きを繰り広げます。それと、冒頭で起きた子ども置き去り事件はどうつながるのか。ルースルンドは元テレビジャーナリストで、現実と虚構のバランスがうまい。終盤の展開といい、スウェーデンでいちばん筆力がある作家では」

一方で、これまでの作品傾向に新しい波が生まれているという。

「たとえば、『1793』のような歴史ミステリです。湖に浮かんだ猟奇的な死体が見つかり、日本でいう岡っ引き役の隻腕(せきわん)の風紀取締官・カルデルが、余命幾ばくもないインテリ法律家・ヴィンゲとともに事件を追います。悪臭漂う18世紀のストックホルムの混沌が目に浮かぶような新人離れした描写力も見事。三部作の第一作が本書なので、続刊が楽しみです」

心の闇や社会問題を踏まえつつ、物語を読ませる力に瞠目。

『地下道の少女』アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム 著 バスに乗せられ置き去りにされた43人の外国人の子どもたち。地下通路で見つかった女性の変死体。市警察がふたつの事件を調べていくうちに見えてきた、言葉もない真相。背景に、社会の腐敗への糾弾がある。ヘレンハルメ美穂 訳 ハヤカワ文庫 1,160円
『1793』ニクラス・ナット・オ・ダーグ 著 舞台はスウェーデン国王が暗殺された実在の事件の翌年に置かれている。当時の社会の理不尽さを第2章で、第3章で弱者たちの苛烈な運命を描き、現代社会に問いかける。本デビュー作で複数の賞を獲得。ヘレンハルメ美穂 訳 小学館 2,000円
『湿地』アーナルデュル・インドリダソン 著 場当たり的犯行に思われていた老人殺しと、わずか4歳で死んだ少女の墓石の写真には、意外なつながりが……。北欧ミステリの最高峰文学賞「ガラスの鍵」賞を、アイスランドで初めて受賞した著者の出世作。柳沢由実子 訳 創元推理文庫 980円

『クロワッサン』1010号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。