くらし

【試して納得】細かい繊維で窓や網戸をピカピカにしてくれる、ふきんとスポンジ。

見て見ぬ振りをしてきた窓や網戸こそ、年末はピカピカに。新素材や超極細繊維が汚れをすっきり落としてくれる、ふきんとスポンジをご紹介します。
  • 撮影・青木和義 文・板倉ミキコ

ただでさえ忙しい年末。大掃除に時間をかけられる余裕はなかなかありません。
日々気付いた汚れはちょこちょこ取り去っているし、エアコンはこの間掃除のプロに頼んでしまったし……。合理的に生きたい人間にとっては、大掃除なんて必要ない、ない! なんてうそぶいてみたものの、「大掃除をせずに新年を迎えるべからず」と日本人のDNAなのか、私の中にいる頑固オヤジが心の奥底から叫びます。

では改めて、大掃除を紐解いてみましょうか。
掃除という言葉が文献に出てくるのは平安時代から。絵巻物などで貴族の屋敷を掃除する姿も見受けられるようです。その頃の掃除道具は、羽箒やモップのような棒雑巾。時代が下って、庶民にも掃除に対する関心が高まったのは江戸時代。柱や廊下まで磨き上げる庶民の美意識が、世界に類を見ない清潔な都市、江戸を支えていたんでしょうね。
そして大掃除の原点は「煤払い」。江戸時代に始まったようですが、隅々まで掃除して1年の汚れと穢れを祓い、新しい「歳神様」を迎える準備をしました。神社を想像すればわかる通り、神様は清潔で落ち着いた空間が好きだからです。日本人が大切にしてきたしきたり。こうしておけば間違いない、と先祖が守り伝えてきたしきたりには、やはり意味があるんですよね。

随分と遠回りしましたが、気持ちよく新年を迎えるため、汚れが気になる箇所は今年のうちに取っておかなければ、とやる気が出てまいりました。狙うは、汚れがあっても見て見ぬ振りをしてきた窓や網戸です。

早速、特殊加工の繊維が網目やザルなどの汚れを簡単に落としてくれる「アロティー」というスポンジを、網戸専用に使ってみました。

特殊加工の新素材。細かい繊維が網目に入り込んで汚れを落とす。ザル、バスケット、三角コーナーなどの掃除にも。
網戸掃除の強い味方。

銀色の繊維が細かくて、軽い汚れなら水で十分落ちます。台所付近の網戸や車の往来が多い道近くの網戸には、油汚れが多く付着しやすいので、ここは洗剤をつけて。網戸専用に開発されたものではないけれど、これは使えます。

汚れがひどい箇所は濡らして使う。使用後は液体の家庭用中性洗剤で洗ってよく乾かせば繰り返し使用可能。

続いて、よく見てみると手垢や雨の跡でくすんでいる窓ガラスに取り掛かります。ここは大判のマイクロファイバークロス「あっちこっちふきん」が活躍。キュッキュッと拭き取るたびに窓に輝きが戻ります。
キラキラと明るい光、爽やかな風が入ってくる窓。気の流れを重視する「風水」の観点からも、こうしておけば間違いがない気がします。

「アロティーZ(抗菌スポンジタワシ)」約115×75×25mm 260円 傷をつけずに汚れを掻き取る新素材を使用、「あっちこっちふきん」Lサイズ 超極細繊維(マイクロファイバー)のふきん。約33×50cm 980円

今年1年、私も家もお疲れさまでした。さて、来年はどんな年になるのやら…。季節の切り替わり、区切りを大切にしてきた私たち日本人。バタバタと新年を迎えず、心静かにお正月を迎えたいものです。(ライター  Mikiko)

<商品概要>
■商品名
アロティーZ(抗菌スポンジタワシ)(税抜 260円)
あっちこっち®︎ふきん Lサイズ(税抜 980円)

■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。