くらし

プロに教わるスマホ写真の3つの秘訣【小林キユウさん】

話題のニュースから、うっかり勘違いの作法まで。大人の常識をアップデートする、珠玉のトピックを集めました。スマホ写真の秘訣を写真家の小林キユウさんに伺います。
  • 撮影・青木和義、黒川ひろみ、谷 尚樹  文・薄葉亜希子 

手軽に撮れるものの、微妙に残念な写真ばかりを友人や家族に送ってしまう……。といった非礼(?)もスマホカメラの特性を知ることで解決できる。実はスマホに内蔵されているのは準広角と呼ばれる広角レンズ。写真家の小林キユウさんいわく、「使い切りカメラと同じで広い範囲を写すのが得意。旅先の記念写真には最適ですが、被写体に近づくほどゆがんでしまいます。このゆがみをなくすには望遠機能を上手に使いましょう。被写体から離れ、望遠で寄るだけで一気にあか抜けた写真になりますよ」。

さらにより美しく撮るには被写体に対してまっすぐ構えること。画面に出る縦横の線をガイドに水平と垂直を合わせれば簡単だ。そしてもうひとつ、写真映えの秘訣はスクエアで撮ること。

「スマホはとかく縦位置になり、無駄な余白が目につきがちです。ぜひ、スクエアにして被写体をフォーカスしてみてください。構図がビシッと決まります」

秘訣1 【望遠機能を使う】

右は奥に遠近がついてゆがみが気になるが、左はお皿の円形もきれいでゆがみもない。これは離れてスマホを構え、望遠で寄っているため。料理や雑貨などを撮るときにおすすめのテクニックだ。

秘訣2 【水平、垂直を気にする】

よくある残念な例が右のようにやや上から撮って傾いて見える写真。左のように目線を下げ、水平と垂直がきれいに決まると、すっきりと端正な写真になる。インテリアなどを撮るときにも有効。

秘訣3 【スクエアで撮る】

右の写真は上に余白があることで全体が間延びし、ぼんやりとした印象に。これはスクエアで撮ることで簡単に解決できる。おしゃれな雑貨の雰囲気も引き立ち、まさに映える写真が撮れる。

今や写真はスマホで撮る時代!?

世界のカメラ出荷台数の推移。2010年にピークを迎えるもスマホの普及 とともに急激に減り、2018年には84%も減少している。 出典:CIPA(映像機器工業会)

小林キユウ(こばやし・きゆう)さん

写真家。料理やインテリアなどを中心に撮影。ブログ「日本一やさしい写真教室」で初心者に向けたスマホ写真の撮影法を紹介。今回の撮影はiPhoneを使用。

『クロワッサン』1007号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。