くらし

ブロッコリーとにんにくのスパゲティのレシピ【藤井恵さんの定番料理】

「家庭料理の香りと味は、幸福な記憶になる」とは、料理家・小林カツ代さんが生前残した言葉。
家族みんなの記憶に残るひと皿は、特別豪華でなくていい。一見地味でも、ただ“おいしい”だけでいいのです。そのために、定番料理をワンランクアップさせるコツをプロが指南。食卓を囲む笑顔がきっと増えますよ。
  • 撮影・青木和義 文・板倉ミキコ

ブロッコリーとにんにくのスパゲティ

ほくほくのブロッコリーの旨味を存分に味わう。

「娘の友だちが家に遊びに来たとき、大皿で出してあげたら喜ばれた一品。大して手間はかからない簡単な料理ですが、オシャレに感じたようです(笑)。ブロッコリーを茎までたっぷり使っているので野菜をたくさん食べられます。キャベツで作ることも」

【材料(2人分)】
ブロッコリー1株 にんにく2かけ 赤唐辛子1本 アンチョビフィレ4枚 スパゲッティーニ150g オリーブオイル大さじ3 塩適量

【作り方】
1.ブロッコリーは茎の部分を切って皮をむき、1cm幅の輪切りにする。房は縦4つ割りにする。にんにくはみじん切り、唐辛子は小口切りにする。
2.1.5リットルの湯に塩大さじ1を入れて煮立て、ブロッコリーを入れる。再び煮立ったらパスタを入れて表示時間より1分短く茹でる。
3.フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかける。香りが出たら唐辛子を加えてひと炒めし、アンチョビをちぎって入れ、つぶしながら炒める。
4.3に茹で上がったパスタとブロッコリーを入れ、ブロッコリーをつぶしながら和える。塩少々で味を調える。からみが悪いときは茹で汁1/4カップほどを加えて。

【コツ!】

ブロッコリーを茹でるときは大きめに切ると旨味が逃げない。その後、炒めるときにヘラで潰しながら 小さくしていくと味がよく絡む。
「全員が好きな味になるまで、作り続けて完成したレシピです」

藤井 恵(ふじいめぐみ)さん●神奈川県川崎市出身。20代の2人の娘の母。家族の元気を作る日々の家庭料理を、実体験を踏まえて提案。「家族がおいしいと言ってくれる定番料理になるまで、とにかく何度も作り続けてきました。一度調味料の配合が決まってしまえば、味の応用もしやすくなるんです」

『クロワッサン』1005号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。