くらし

【和田裕美のお悩み相談】ママ友の喧嘩に巻き込まれて困っています。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回はママ友との人間関係についての相談です。

<お悩み>
友人関係のことで悩んでいます。ご近所で仲良くしているママ友が二人いるのですが、その二人が先日喧嘩をしてしまいました。
仮にAとBとしますが、前は三人でよく会っていたのですが、最近はどちらか片方と私、みたいな付き合いになっています。
ただ、Aとご飯を食べたりすると彼女のSNSに私が写っていたりするので、Bはあまりよく思わないみたいです。また、それぞれから相手の悪口を聞かされ、「ああ、そういうこともあるよね〜」など適当な相槌を打ったりしてしますが、私も一緒に悪口言っているみたいで気分も悪いです。
個人的にはどちらとも今後も仲良くしていきたいのですが、その二人に、もう相手の悪口を私に言わないで、とうまく伝える方法がありましたら教えてください。
(ぽっぽ/女性。40代、小学生の子どもがいる主婦です) 

和田裕美さんの回答

おお〜〜、これは
板挟みのぽっぽちゃんですね。

嫌ですよね、悪口ばかりを聞かされるのは……。
でも、AさんもB さんも
ぽっぽちゃんを味方にしたいので必死なんです。
だからこそ、共感と同意の区別を
明確にしておきたいです。

まず、どんなケンカをされたんでしょうか?
大人になってから(口もきかないケンカを)するって
どんなことがまず気になりました。
修復はできなさそうですか?

もし、とことんひどくなってなかったら
誤解を解く助けができないか考えたいです。

もしAさんがBさんの悪口を言ってきたら

「わかる〜いやだよね。
 でも、Bさんはまた仲良くしたいと
 思っている感じだったよ。
   だってAさんの悪口ぜったいに言わないもん」
 
「わたしはずっとAさんと仲良しでいたいけど
 わたしと万が一ケンカになったら
 仲直りしてくれる?」

「Aさんはいい人だから
 傷つきやすいのかも。
 思い切って思ったこと
 面と向かって言ってみたら?」

なんてこと言うかもしれません。
相手の性格がよくわかってないので
概ね当てずっぽうですが
AさんもBさんも「どうせ悪口を言っているはず」と
お互いを疑っているので
先手を打ってきているのです。

ほんとうは仲が良いほうがいいに決まっているので
共感はすれど同調はせずに
「あの人はぜんぜん悪く言ってないよ」と
嘘でも言いつづけることで
ちょっと改善するかなとは思います。
あ、どれだけ酷いケンカかわかってないので
ほんとうに修復不可能なら
右から左に流して話題をとことん変えるしかないです。

心が疲れたなあ……と思うときは

陽転思考を。
http://special.wadahiromi.com/wakuwakudensen/

和田の生話聞いてみてください。
そして、がんばってください。

和田裕美(わだひろみ)●作家・営業コンサルタント。京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオや会員サービス「パワースクール」など各種メディアで情報発信中。代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界№2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『稼げる技術』(ダイヤモンド社)、『タカラモノ』(双葉文庫)など。
⇒ 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。