くらし

【試食レポート】驚き!丸ごとメロン「ハイアット リージェンシー 東京」のクリスマスケーキ

ハイアット リージェンシー 東京(所在地:東京都新宿区西新宿2-7-2)の「ペストリーショップ」では、毎年大人気なクリスマスケーキの予約を2019年10月18日(金)からスタート。
今年は素材にこだわった新作ケーキが2種類登場。
マスクメロンをまるごと使ったショートケーキ「ホールメロン」や、第4のチョコレート“ルビーチョコレート”を使用した「ルージュ ノエル」をはじめ、クロワッサンオンラインがたっぷりと実食してきました!
  • 写真・文 クロワッサンオンライン
丸くカットされたマスクメロンがごろごろと詰まっていて壮観!
「ホールメロン」1万9440円(税込)
メロンそのままの姿とは......かなりインパクトがありますね。
一同が味と見た目に驚いていた「ホールメロン」を......ぜひ食べて欲しい!
「ホールメロンのカットの方法は、まずはメロンを縦半分に切り、その後は断面から放射状にカットしてください」と話す、料理長の佐藤 浩一氏。
丸くカットされたマスクメロンがごろごろと詰まっていて壮観!
 「ホールメロン」1万9440円(税込)
メロンそのままの姿とは......かなりインパクトがありますね。
一同が味と見た目に驚いていた「ホールメロン」を......ぜひ食べて欲しい!
「ホールメロンのカットの方法は、まずはメロンを縦半分に切り、その後は断面から放射状にカットしてください」と話す、料理長の佐藤 浩一氏。

ハイアット リージェンシー 東京から、素材のおいしさを追求し、子供から大人まで楽しめる新作クリスマスケーキが2種類登場。
初登場の「ホールメロン」は、見た目のインパクトだけでなく、カットした断面からも誰もが驚いてしまう、メロン好きにとっても夢のようなケーキ。
静岡のマスクメロンを1.4個分も贅沢に使用。軽やかで優しい甘さのスポンジとクリームとの配分が絶妙で、まるでメロンそのものをダイレクトに味わっているかのよう!

料理長の佐藤 浩一氏は今回のケーキ作りについて、
「クリスマスケーキにメロンを選んだ理由は、ショートケーキといえばイチゴが基本だが、メロンのショートケーキを作ってみたらおいしかった。おいしいものこそクリスマスに食べて欲しいという思いを込めている。メロンそのものを丸々使用し、ゴージャスに仕上げました」
とコメント。

その言葉通り、私に限らず、試食していた周り皆さんも目を輝かせながら「うわぁ~これはおいしい!」と、メロンメロンになっていました。
チョコレートとヘーゼルナッツのフィヤンティーヌ、チョコレートビスキュイ、ダークチョコレートからなる切り株に見立てた土台のサクサク食感も最高。シャンパンにもぴったりなゴージャスケーキです。

「ルージュ ノエル」5,184円(税込)

続いての新作「ルージュ ノエル」は、この一年で注目が高まっている第4のチョコレート“ルビーチョコレート”を使用。
“ルビーチョコレート”自体の色味を美しく残すのに工夫をこらしたという、フルーティーで酸味のあるムース仕立てです。
中には、桃とパイナップルのコンポート、マリアージュ フレールの“マルコポーロ ルージュ”が香るクリーム、ピスタチオビスキュイの層が隠れています。

「ルドルフ」5,184円(税込)
そんな目で見つめないで(涙)食べるのがもったいないくらいキュート! 
「スノーマン」5,184円(税込)
左上から「ルージュ ノエル」「スノーマン」「ルドルフ」のケーキ断面。
穏やかな甘さのなかに、ビスキュイのサクサク感も楽しめる。
ベーシックなショートケーキタイプも用意。カップルにもちょうど良いサイズ。
 「ルドルフ」5,184円(税込)
そんな目で見つめないで(涙)食べるのがもったいないくらいキュート! 
「スノーマン」5,184円(税込)
左上から「ルージュ ノエル」「スノーマン」「ルドルフ」のケーキ断面。
穏やかな甘さのなかに、ビスキュイのサクサク感も楽しめる。
ベーシックなショートケーキタイプも用意。カップルにもちょうど良いサイズ。

なめらかな口当たりのホワイトチョコレートムースに、甘酸っぱいラズベリーのジュレやムースで作られた、毎年一番人気の「スノーマン」、ミルクチョコレートに、ヘーゼルナッツとチョコレートクリームやプラリネのムース、フィヤンティーヌで作られた昨年誕生したばかりの「ルドルフ」も引き続き登場。

真っ白な雪だるまもかわいいし、愛らしいトナカイも魅力的だし……どちらを予約しようか迷ってしまいますね!

フランス・アルザス地方のクリスマスイーツやブレッドなどがずらり。
料理長の佐藤 浩一 (さとう ひろかず)氏と、4月からペストリーシェフに就任した向 慶一(むかい よしかず)氏。
伝統的なブレッド「クグロフ」は、1,000円(税込)でお得感があります。
「パン・ド・エピス」1,800円(税込)
クリスマスケーキのカタログに、ケーキの詳しい図解もあるので、まずは手に取ってみて。
フランス・アルザス地方のクリスマスイーツやブレッドなどがずらり。
料理長の佐藤 浩一 (さとう ひろかず)氏と、4月からペストリーシェフに就任した向 慶一(むかい よしかず)氏。
 伝統的なブレッド「クグロフ」は、1,000円(税込)でお得感があります。
 「パン・ド・エピス」1,800円(税込)
 クリスマスケーキのカタログに、ケーキの詳しい図解もあるので、まずは手に取ってみて。

クリスマスツリー発祥の地であるアルザス地方の名物スイーツをはじめ、ドイツのクリスマスシーズンには欠かせないシュトレンなど、素朴で飾らない見た目のケーキやパンにも注目。

いずれも、シナモンやドライフルーツ、ナッツ、洋酒などを用いた、伝統を感じさせる風味が嬉しい。

華やかなクリスマスケーキに心がひかれるのはもちろんのこと、実食会場の人たちからは、フランス・アルザス地方のクリスマスイーツなどへの評価の声がたくさん聞こえてきたのが印象的でした。  

さぁ、あなたはどのクリスマスケーキをハイアット リージェンシー 東京で予約しますか?(クロワッサン倶楽部オンラインメンバー izumin)

「ハイアット リージェンシー 東京」のクリスマスケーキ 概要

【ご予約・お問い合わせ】 03-3348-1234(代表)
【ご予約期間】 2019年10月18日(金)~12月17日(火)
【お渡し期間】 2019年12月21日(土)~12月25日(水)
【販売ショップ】「ペストリーショップ」(ロビーフロア・2階)10時~21時

【内容/料金】 
「ホールメロン」1万9440円
「ルージュ ノエル」5,184円
「ルドルフ」5,184円
「スノーマン」5,184円
「クリスマスショートケーキ」2,808円

※「フランス・アルザス地方のクリスマスイーツ5種」は12月1日(日)から発売

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。