【2022年8月1日〜2023年1月31日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2022年8月1日〜2023年1月31日までの運勢の流れ】
上半期に引き続き、五黄土星の1年が続いていきます。上半期は世界を揺るがすような出来事が多く起こりました。五黄土星は「帝王の位置」などと呼ばれる強い星で、「混乱」「破壊」といった意味を持っています。世の中的には「土」に関する出来事が多く起こるため、土砂災害など土に関することには警戒しておくと良いでしょう。世界的な穀物の高騰、石油の高騰なども広く見れば「土」に関することです。五黄土星の星回りは2023年8月3日まで続きますから、その頃まではなかなか、状況が落ち着かないかもしれません。
自分の土台を作る、ということにおいては上半期に引き続き前向きな動きが起こりますが、半年を振り返って考えるに、自分にとって必要なものとそうでないものが、はっきりと見えてきた人は多いことでしょう。モノはもちろんのこと、人間関係や日々のルーティン、仕事なども同じです。これらを見直すことで、下半期の日々が健やかなものとなるはずです。
  • 文・真木あかり

四緑木星

総合運

運気は上昇気流のなかにあります。特に8月から11月は、嬉しいことが多いでしょう。ただ、「幸運期」と言ってしまうとちょっぴり言葉足らずに過ぎるように思います。というのも、この上半期はおおむね順調ではあるものの、対人面では寂しい思いをすることがたびたび起こる見通しなのです。たとえば、頑張りたいと思っているときに限ってチクッとイヤミを言われたり、「なんでも協力するよ!」と言ってくれていた人が急に腰が引けた態度を見せるようになったりと、ハシゴを外されたような気分になることが多そう。おそらくですが、あなた自身もその人が「悪い人ではない」と知っているだけに、余計に納得がいかなかったりするのでしょう。なお、対人関係が最悪という意味ではありません。
ただ、基本的に「自分の手で頑張れることをする」と決めておくことが、変にしょんぼりしなくて済むし、実際にベストを尽くしてもいけるのだろうと思います。おそらくですが、12月に入ると、ハシゴを外したように見えた人たちの“事情”がわかります。なんとなく、許せる気持ちになってくるはずですし、自分がツイていたこともわかるのです。だから、あまり悲観せずに、自分のやるべきことを粛々とやっていかれるといい時期にしていけるはずです。

対人運

総合運のところでも書かせていただいた通り、あなたの運気は申し分ありません。ただ、対人面ではなんとなくまわりの人が素っ気なく感じたり、「話が違う」と思うようなことがあったりと、心配が募るかもしれません。
ただ、あなたに対して何か良くない感情を抱いているというわけではまったくなく、おそらくは「忙しくてちょっとザツに対応しちゃった……」「体調がイマイチで、ドタキャンしちゃった。今後の見通しもつきにくいな……」などといったことが重なるだけでしょう。「ひどいよ〜」ととがめたくなるようなこともあるかもしれませんが、ここは「そうなんだ」「全然いいよ」くらいにライトに答えておくことで、相手も自分を責めすぎずに済むでしょう。そういった、“まともに打ち返さない”のも優しさのひとつであることは、あなたもちゃんとわかっておいでだと思います。
転機がありそうなのは12月と翌1月。ここでは人間関係の変化が起こる見通しで、今まで仲良くしてきた人と物理的に距離ができたり、新しく仲間に加わる人がいたりと、これまでとは違う流れが始まったことを実感しそう。ここでは「来る者拒まず、去る者は追わず」が基本です。特に、後半のところが重要なようです。

恋愛運

非常に安定した好調期です。一言で言うならば「いい運は自然と巡ってくるので、ゆっくり待つ」というスタンスでベストな結果となるでしょう。無理にプッシュしたり、心理学を応用した変な駆け引きをしたりしなくても(なさっていたらすみません……)、うまくいく恋は自然にうまくいくというのがこの時期です。逆に言えば、無理をして約束を取り付けなければ動いてくれないとか、ふたりの予定が全然合わないといった場合は、「今はベストな時期ではない」と判断したほうがいいのかも。恋は努力や魅力ばかりでなく、タイミングも大切です。ふたりの運が背中合わせのようになっているのに話を進めるより、1ヵ月くらい待ってから調整してみるといいだろうと思います。
前向きなことが起こりやすいのは、8月から11月にかけてです。同じ職場の人、古い友人など、すでに知り合っている人との関係が進展しやすいだろうと思います。 パートナーがいる人は、安定した日々となるでしょう。心配な要素はほとんどありません。あなたの思いやりやユーモアが相手にとっては大きな癒やしであり、相手もまたあなたにしてあげたいことが増えるでしょう。
ただ、何か課題がある場合は、8月のうちにしっかりと話し合っていくと良さそう。見て見ぬふりをしていると、9月もしくは2023年1月にどちらかが突然爆発するようにして、穏やかな空気が破られる危険性があります。

金運

収入、支出ともに安定した好調期。仮に心配な部分があるとすれば9月でしょう。ずっと忘れていた滞納金を支払うことになったり、解約したと思っていたサービスの支払いが続いていたことを見つけたりと、「あっ、めちゃめちゃ損した!」とがっかりするようなことが起こりやすいのです。9月まで待つ必要もありませんから、この占いをご覧になったらすぐ、クレジットカードの明細や各種契約を確認してみるといいかもしれません。その際、もう使わなくなったサービスを解約してもいいですね。大きな取引やお買い物をするなら8月、服や雑貨、美容などへの投資は10、11月にツキが巡ってきます。2023年1月は思い切った金額をパッと使ってしまいやすいかも。検討する一瞬を意識すると、後悔せずに済むでしょう。

四緑木星の基本性格
木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。