【2022年8月1日〜2023年1月31日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2022年8月1日〜2023年1月31日までの運勢の流れ】
上半期に引き続き、五黄土星の1年が続いていきます。上半期は世界を揺るがすような出来事が多く起こりました。五黄土星は「帝王の位置」などと呼ばれる強い星で、「混乱」「破壊」といった意味を持っています。世の中的には「土」に関する出来事が多く起こるため、土砂災害など土に関することには警戒しておくと良いでしょう。世界的な穀物の高騰、石油の高騰なども広く見れば「土」に関することです。五黄土星の星回りは2023年8月3日まで続きますから、その頃まではなかなか、状況が落ち着かないかもしれません。
自分の土台を作る、ということにおいては上半期に引き続き前向きな動きが起こりますが、半年を振り返って考えるに、自分にとって必要なものとそうでないものが、はっきりと見えてきた人は多いことでしょう。モノはもちろんのこと、人間関係や日々のルーティン、仕事なども同じです。これらを見直すことで、下半期の日々が健やかなものとなるはずです。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

上半期に努力を積み重ねてきたことの「結果」「結論」が、いよいよこの下半期に出てくる見通しです。おそらくですが、9月には思いもよらない結果が、10月には「白黒はっきりつける」というかたちでのオチがつく、もといスッキリすることがあるのだろうと思います。こんなふうに物事の結論が出たり、人から受け取る親切がいつも以上に多かったりと、トータルで見れば非常に好調な下半期の七赤金星さん。
ただ、8月と12月は少し、慎重に過ごしたほうが安心と言えそうです。というのも、8月は物事の見通しが甘めだったり、「とりあえずやってから考える」といった見切り発車をしたりすることから、ミスをしたときにリカバーする余裕がありません。つまり、ひとつのミスでも全部がおじゃんになってしまったりしやすいのです。うっかり発言で損をすることも。12月は気力・体力ともに低迷し、頑張りたくても持ち前のポテンシャルを発揮しきれないようなこともありそう。結果、中途半端で終わることになりやすいのです。
どちらも、自分の気持ちや体調に十分留意することでのみ防げること。いい運気の恩恵を受けられるよう、自分を整えていけると素敵です。

対人運

8月の対人運は非常に好調。特にパートナーや友達など、気が置けない間柄の人とはいつも以上に楽しく、充実した時間を過ごすことができるでしょう。楽しい時間は写真に撮っておくなど、何らかのかたちに残しておくと運気アップにつながります。
ただ、9月以降は少々不安定な見通しです。これまでうまくやってきた人との関係にも変化が起きやすい時期で、あなた自身もちょっと言いすぎてしまったり、挑発に乗ってしまったりと、一生懸命さが裏目に出そう。「なんであんなこと、言っちゃったんだろう」と思ったときにはもう遅く、決定的なヒビが入ってしまうことも。また、あなたとしても好きでしたことではないとは思うのですが、隠し事があった場合は思わぬタイミングで明るみに出て、気まずい思いをすることもありそうです。
とはいえ、救いがないわけではありません。10、11月と冷え切った関係も、12月後半になると徐々に復活。明けて1月には完全に仲直り、という流れもありそう。もちろん誠実に接していればこそのお話ではありますが、諦めずに粘り強く付き合ってみて、損はないと思います。

恋愛運

この下半期のうち、好調なのは8月。それから2023年1月です。始めと終わりしかいいことがないのか……とがっかりさせてしまったら申し訳ないのですが、もちろん「8月と1月以外はまるでダメ」なんてひどい占いは書かないので、ご安心ください。この間のあなたはおそらく、「恋どころではない」「人として向き合いたい」時期なのだろうと思います。
というのも、普段は見えないような人の“ウラ”を垣間見たり、本気で周囲の人にぶつかっていったりと、人間関係そのものにスポットライトが当たることが多いからです。ときには人間不信になりかけたり、後悔にさいなまれたり、自分の中にものすごくブラックな一面があることに気付いたりと、穏やかではいられないことも多いでしょう。ただ、こういう時期があるからこそ、人を真に愛することができるようにもなるのかもしれません。
時期的には、8月は趣味や食事会を通して新しいご縁が得やすいとき。1月は片思いの人が、恋を実らせることがありそうです。また、カップルの人は9月、11〜12月前半に注意が必要です。9月は秘密がバレたり、相手の秘密を知ってしまったりすることでトラブルが勃発の予感。また11〜12月前半は、行き詰まりを感じやすいとき。相手を信じられず、危機に陥ることもありそうです。

金運

あまり浪費したという自覚はないのに、なぜかお金が手元に残らない時期です。クレジットカードの明細を見て仰天したり、コンビニに行くたびにちょいちょい買い物をしたりして、気付けば金欠ということも。人間関係が活発になる時期だけに、交際費や外食費がかさむ人も少なくないでしょう。大きな買い物や投資は、気が大きくなりやすいわりに判断力はザックリしているので注意が必要ですが、もし必要であれば9、12、翌1月がベストであろうと思います。なお、どんなに親しい間柄であっても、お金は貸さないこと。人間関係がこじれるだけで、まったくいいことはありません。応援するのであれば、食事をおごってあげる程度にすると安全でしょう。

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。