からだ

資生堂から『薬用 ケアハイブリッドファンデ』が誕生!

メイクをする人が求める“スキンケア効果”となりたい“仕上がり”が叶う、『薬用 ケアハイブリッドファンデ』が資生堂から発売中。「年3,500時間のファンデタイムで、素肌まできれいに。」をキーワードに、新しいファンデーションの選択肢を提供する。

資生堂『薬用 ケアハイブリッドファンデ』は素肌までキレイにする薬用スキンケア効果と、美しい仕上がりを両立させたファンデーション。
求める“スキンケア効果”となりたい“仕上がり”で選べるラインナップを、資生堂のさまざまなブランドで今後展開していく予定。

資生堂の調査では、女性がファンデーションをつけている時間が年3,500時間もあるということが明らかに。約6割の女性はファンデーションにネガティブなイメージを持っていたり、ファンデーションを使っていない、または使用をやめていることもわかった※3。
「年3,500時間のファンデタイムで、素肌まできれいに。」をキーワードに、新しいファンデーションの選択肢を提供していく。

第一弾は、“肌あれケア効果”דなめらかな仕上がり”の「d プログラム」、“薬用美白ケア効果”דカバーして明るい仕上がり”の「HAKU」から発表する。

※1 資生堂調べ:全国15~69歳女性2万人 ファンデーション「週5日以上&1日8時間以上」使用者の使用平均時間
※2 資生堂薬用ケアハイブリッドファンデは、ファンデーションと薬用スキンケアを融合した医薬部外品のファンデーションです。
※3 資生堂調べ:全国15~69歳女性4,123人対象 2018年7月インターネット調査

“肌あれケア効果”דなめらかな仕上がり”「dプログラム」

『d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー)(医薬部外品)』
(10.5g 全5色 SPF17・PA++ 希望小売価格2,800円、同パウダリーファンデーション ケースS 希望小売価格1,000円)
パウダリーファンデーションに日本で初めて 2種の薬用有効成分(※1)を配合した薬用スキンケア処方。ニキビ・肌あれを防いでスキンケア。肌あれして化粧のりが悪いときでも、密着&カバーし、美しい仕上がり。デリケート肌でも使える厳選成分を使用した低刺激設計。
(※1)有効成分トラネキサム酸と有効成分グリチルレチン酸ステアリルの組み合わせ
*MINTEL GNPD調べ

“薬用美白ケア効果”דカバーして明るい仕上がり”「HAKU」

『HAKU メラノフォーカスF』(30g 全4色 SPF30・PA+++ オープン価格)
美白有効成分 4MSK(※2)、整肌・保護成分 Vカット複合体(※3)、Sヒアルロン酸(保湿)(※4)を配合。日中つけていることで、美白しながらシミ・色ムラをにカバーし、シミの気にならない明るく透明感のある仕上がりに。シミや色ムラを目立たせない、ファインレッドパールを配合。肌になめらかに広がる。
(※2) 4-メトキシサリチル酸カリウム塩、(※3) トルメンチラエキス、イチヤクソウエキス、グリセリン、(※4) アセチル化ヒアルロン酸

アンバサダーにマツコ・デラックス氏を起用!

「メイクの8割はファンデーションで決まる」という自論を語るマツコさん。「ファンデーションの使用量は、多分日本でトップクラスだと思いますよ、もう左官屋さんみたいに塗っています」と笑いを交えてCM撮影に挑んだ。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE