八神純子さんが実践する、若々しくハリのある声を保つ、 かんたん呼吸トレーニング。 | からだにいいこと | クロワッサン オンライン
からだ

八神純子さんが実践する、若々しくハリのある声を保つ、 かんたん呼吸トレーニング。

最近、声が細くなったり、低音になったりしていませんか? 豊かな声を維持するコツや、すぐにできるエクササイズを紹介します。
  • 撮影・清水朝子 文・嶌 陽子

年を重ね、艶や深みも加わって。美声を保ち続ける秘訣とは。

八神純子さん シンガーソングライター (ライブ撮影・TATSUICHI KUNIYOSHI)

「みずいろの雨」や「パープルタウン」など、大ヒットとなった八神純子さんの歌の数々。伸びやかなハイトーンボイス、そして圧巻の声量は、当時、多くの人の心をつかんだ。

あれから約40年。現在の八神さんは毎年コンサートツアーを行うなど、精力的に活動中。当時と変わらない歌声で、人々を魅了している。むしろ、さらに声に艶が増しているのだ。まるで衰えを知らない美声の秘訣は、どこにあるのだろうか。

「2011年に本格的に活動を再開するまで、実質15年ほどお休みしていました。復帰するにあたって、ボイストレーニングをしたんです。私の場合、トレーナーにつくのではなく、自己流。声が枯れるほど、とにかく声を出しました。“喉を痛めるよ”と心配もされましたけれど、筋トレと同じで、多少負荷をかけたほうがいいと思って。おかげで、以前より声域も広がったんです。“年をとると声が出にくくなる”という話も聞きますが、私は信じなかった。自分の身体なんだもの。期待をかけてあげれば、喜んで応えてくれるんですよね」

声にとって大事なのは呼吸。日頃から深い呼吸を心がけて。

八神さんの声を支えているのが、20年以上前から続けているジョギングだ。

「ほぼ毎朝、30分くらい、ゆっくり走っています。このおかげで筋肉が鍛えられているんです。声を出すのに、腹筋や背筋は欠かせないですから。ずっと続けているので、3〜4日間走らない日が続くと、腹筋が緩くなってくるのが自分でもわかるんです」

ボディラインは引き締まり、長年悩まされてきた冷えもなくなった。ジョギングに合わせて曲ができてしまうこともあるという。

ほぼ毎日続けているジョギング。「息が切れない程度のスロージョギングを30分ほどします」

一方、年を重ねていくなかで、実感してきた変化もある。

「私の両親を見ると感じるのですが、年をとると、呼吸が浅くなりますよね。歌を歌っているから、すぐに気づくんです。呼吸が浅いと、声の伸びも悪いし、音程もキープできない。声にとって大事なのは、何よりも呼吸だと、最近あらためて実感しています」

普段から、なるべく深く呼吸をするように意識するのはもちろん、コンサートでは、歌うことによって、自然と深い腹式呼吸を何十回もすることに。

「一説によると、息を吐くことにはデトックス効果もあるのだとか。そのおかげか、私はコンサートを終えると、むしろコンサート前よりも元気になっているんです(笑)」

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE