cat-health cat-life cat-monitor cat-presents cat-trend facebook info instagram line twitter youtube
からだ

「呼吸力」を鍛える、ヤムナ・ボール・メソッド「パワー・オブ・ザ・ブレス」。

カラダに対して最適な刺激を与えるボールを使い、骨や筋肉を活性化させるヤムナ・ボール・メソッド。

ごく最近、開発者のヤムナ・ゼイクさんが、とくに呼吸に着目した新たなメソッドを開発したそう。
その名も「パワー・オブ・ザ・ブレス」。

最初はボールを使わずに、肺の位置を確認して呼吸を行います。その後、ボールを当てることで、細かい部分に意識を集中させていくという流れ。ボールの支持があることで、自覚しにくい呼吸と、それに伴うべき動きが体感しやすくなるそう。

意外と大きい肺のサイズを確認。
CR0519
肋骨の一番下から鎖骨周辺までと、肺は思っている以上に大きい臓器。まずはそれを手で触って確認。呼吸をしながら肋骨の下、真ん中、上、と手を移動します。

お腹を触って動きをチェック。
CR0531
吸うときに横隔膜が下がってお腹が膨らみ、吐くときには横隔膜が上がってお腹が凹む。この動きも触って確認。動きが少なければ肺に充分空気が入っていません。

背中にボールを当ててボールに触れた部位を意識しながら呼吸。
上体を引き上げつつ、背中の神経を刺激するルーティンは、ヤムナ・ボール・メソッドの中でも重要な位置を占めます。これを呼吸を意識しながら行います。下から上に向かってボールを移動させながら、ボールが触れている部分に空気を送るイメージで呼吸運動を。一部位につき5回呼吸を繰り返します。

まず仙骨の下にボールを置いて仰向け姿勢になります。1は肺に深く息を吸い込んだ状態。2は息を吐いた状態。ボールを徐々に上に移動させ、胸部の下、頭の下にボールを当てて深呼吸しましょう。

CR0557
1.ボールを仙骨の下に当ててスタート。

CR0552
2.この状態で息を吐く。

CR0587
3.ボールを胸部の下に。

CR0587
4.この状態で息を吐く。

CR0617
5.ボールを頭の下に。

CR0618
6.この状態で息を吐く。

『クロワッサン』892号(2015年1月10日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE
TAGS
#ヘルス