暮らしに役立つ、知恵がある。

 

顔色が冴えない時に。血液さらさらパワー野菜の献立【週末肌養生ごはんのレシピ】

肌の調子がいまひとつ……というならこの週末は、穀物や野菜が中心のリトリート(回復)食を。胃腸を休めて肌をいたわる献立を教わりました。

撮影・黒川ひろみ 文・新田草子 食材提供・ビオ・マルシェ 撮影協力・日々器

顔色が冴えない

血液さらさらパワーの高い旬の新玉ねぎを、血液をきれいにする梅干しとともに、胡麻の風味豊かな和えそばに。水菜やくるみの歯触りも心地よく、箸が進む。美肌作りに欠かせないにんじんと春キャベツの甘みを塩麹のやさしい塩気が引き立てるスープを添えて。

顔色が冴えない時に。血液さらさらパワー野菜の献立【週末肌養生ごはんのレシピ】

●新玉ねぎとわかめの梅蕎麦サラダ

【材料(2〜3人分)】
新玉ねぎ 1/4個(50g)
紫玉ねぎ 1/3個(30g)
生わかめ(または塩蔵品や乾燥品を戻したもの)50g
水菜 1/6束(30g)
くるみ 8粒
そば(乾麺)100g
梅肉・白練り胡麻 各大さじ1
しょうゆ・てんさい糖 各小さじ1/2
酢・梅酢 各少々

【作り方】
1.新玉ねぎはスライスし、酢を加えた水に15分ほどさらす。ざるに上げて水気をしっかり切る。紫玉ねぎはスライスし、蒸気の上がった蒸し器で1分ほど蒸して、梅酢をまぶしておく。
2.わかめ、水菜は食べやすい大きさに切る。くるみはフライパンで乾煎りし、ざく切りにする。
3.そばはやや硬めに茹でて水洗いし、水気をしっかり切る。
4.梅肉と白練り胡麻、しょうゆとてんさい糖をボウルに入れて水大さじ3を加え、よく混ぜ合わせる。
5.3の蕎麦を4のボウルに入れて和え、1、2を加えて全体を混ぜ合わせる。

●春キャベツとにんじんの塩麹スープ

【材料(2人分)】
春キャベツ 1枚(50g)
にんじん 1/5本(30g)
えのきたけ 1/3パック(30g)
塩麹 大さじ2
塩 適量

【作り方】
1.えのきは根元を切り落とし、長さを4等分にしてほぐす。春キャベツは大きめのひと口大に切り、にんじんは短冊切りにする。
2.鍋に1を順番に重ねて入れて塩少々をふり、水100mlを加えて蓋をして、弱火で蒸し煮にする。野菜が柔らかくなったら水300mlを加えて煮立たせ、塩麹と塩少々で調味する。

穀物菜食の週末肌養生ごはん

「肌は内臓の状態を映す鏡のようなもの。肌にトラブルがある時は、内臓も疲れているのです。消化に負担がかからない穀物と野菜中心の食事で、胃腸を休めてみてください。腸内の働きが整うことで体内の循環が良くなり、肌も次第に元気を取り戻しますよ」

とは、菜食料理研究家の野本弥生さん。自身も40代手前の十数年前、多忙を極めた会社員時代に長野県安曇野市のリトリート宿泊施設で穀物菜食と出合い、心身の変化を実感した。

「出されたのは玄米ご飯と、根菜の煮物や漬物。見た目は地味でしたが、ゆっくりと噛んで食べたらおいしくて。少量でも満足感があって、たくさん食べたくならないことも新鮮でした」

何より翌日の、体が軽くなって思考がクリアになる感覚に驚いたという。

「以来、休みが取れると安曇野に通うという生活に。仕事に忙殺されてストレスが溜まっていた頃は肌の状態も悪くて、鏡に映る老けた自分にぎょっとしたこともありましたが、気づけばそんな悩みもなくなっていました」

野菜は無農薬や低農薬のものを、皮や茎も丸ごと使うことが多い。
野菜は無農薬や低農薬のものを、皮や茎も丸ごと使うことが多い。

やがて、退職を機にリトリート宿泊施設のスタッフとして働くことに。厨房の要として、味わいも見た目も楽しいメニューを提案し、利用者から厚い信頼を得るようになる。現在は独立し、移住した安曇野を中心に全国各地でリトリートや料理教室を開き、穀物菜食の魅力を伝えている。

野本さんの考え方はシンプルだ。

「まずは腸を元気にすることが大事。根菜や海藻、発酵食品を摂りながら、お腹が温まる汁物を。本当に疲れているときは無理に食べず、お吸い物や葛湯だけで胃腸を労るのも一案です」

野本さんが暮らす安曇野。水も農作物も豊か、くつろげる温泉も多い。
野本さんが暮らす安曇野。水も農作物も豊か、くつろげる温泉も多い。

今回、肌の悩み別に提案してもらったメニューはどれも滋味深く、体にしみるおいしさだ。

「忙しい人ほど自分のことは後回しにしがち。時間のある週末に、心と肌を養生する気持ちでゆったりと作り、楽しんでもらえたらうれしいです」

不定期開催の「安曇野リトリート」の様子。野本さん心づくしの食事と、森林の散歩などを思い思いに楽しむ。
不定期開催の「安曇野リトリート」の様子。野本さん心づくしの食事と、森林の散歩などを思い思いに楽しむ。

(肌養生ごはんのコツ)

●基本の調味料は良い素材のものを。

●出汁は昆布+椎茸の水出しで。

●味噌やきのこ、ナッツでうまみと食感をプラス。

野菜の繊細な持ち味を生かすために、調味料は天然素材で作られたものがおすすめ。煮物やスープは水で作っても充分おいしいが、昆布としいたけの出汁を使えばさらに風味がアップ。もの足りなく感じる時は、きのこや味噌、ナッツなどを上手に使ってメリハリをつけるとよい。

調味料は、しょうゆや酢、油、味噌など基本のものをそろえれば充分。野本さんは梅酢も常備。「香りが良く重宝します。白湯に少し垂らして飲むのも、体が温まって元気になり、おすすめです」
調味料は、しょうゆや酢、油、味噌など基本のものをそろえれば充分。野本さんは梅酢も常備。「香りが良く重宝します。白湯に少し垂らして飲むのも、体が温まって元気になり、おすすめです」
  • 野本弥生

    野本弥生 さん (のもと・やよい)

    菜食料理研究家

    2005年より長野県の『ホリスティックリトリート 穂高養生園』に15年勤務後、独立。近著に『心・体においしく わたしを救ける一汁一飯 ご自愛レシピ』(WAVE出版)。

『クロワッサン』1088号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. からだ
  3. 顔色が冴えない時に。血液さらさらパワー野菜の献立【週末肌養生ごはんのレシピ】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載