からだ

「マナラ」からダメージをケアし、しなやかで美しい髪へ導くヘアケアシリーズが誕生。

「マナラ」をはじめオリジナルブランドの企画開発・販売を展開するランクアップ。頭皮と髪に残留するアルカリ剤を洗い流すことで、白髪染めでダメージを受けた頭皮と髪をケアしながら美しいカラーをキープする、ヘアケアシリーズ「アルカリシリーズ」が誕生。「マナラ〈アルカリクレンズシャンプー〉」、「アルカリシリーズ〈アルカリリペアトリートメント(ふんわり)〉」を発売中だ。

開発者の悩みから誕生

「マナラ〈アルカリクレンズ シャンプー〉」(3,600円、350mL/ハーバルゼラニウムの香り(天然製油))。吸着型コンディショニング成分(PPG-3カプリリルエーテル、コカミドプロピルベタイン/全て保湿剤)配合で、ノンシリコンなのに、指どおりなめらかな洗いあがり。
白髪染め(カラーリング)で刺激を受けた頭皮と髪を、「アルカリクレンズ成分」と「アミノ酸系洗浄成分」の絶妙な配合バランスで保湿しながら表面に残った残留アルカリ剤を優しく除去。頭皮や髪の皮脂汚れなどもしっかり洗い流しながら、頭皮環境を正常化へと導く。
頭皮:うるおい作用のあるビタミンC配合(アスコルビン酸/保湿)により、白髪染めで刺激を受けた頭皮をケア。髪:白髪染めによってできたダメージホールをケアしながら洗髪。(3種のセラミド配合)
「マナラ〈アルカリリペアトリートメント(ふんわり)〉」(3,850円、200g/ハーバルゼラニウムの香り(天然製油))。オイルリッチ処方により、痛んでキューティクルが剥がれた髪をオイルで保護しながら、オイル(クランベアピシニカ種子油、クダモノトケイソウ種子油、コメヌカ油、アサイヤシ果実油、ツバキ種子油(全て保湿成分))の光沢でツヤ髪に仕上げる。
パサついてしまった髪の内側と外側へWでアプローチ。外側:髪の毛にフィルムを形成する様に、トリートメント成分が密着するフィット処方。うるおいの膜で指通りをよくしサラサラヘアに。内側:洗い流しても残るトリートメント成分(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(保湿))が髪の内部に浸透。内側のダメージを補修し、髪の毛のハリ感をアップ。(イラスト内注釈*1:乳酸、クエン酸(全て保湿成分)*2:整肌成分/ツボクサエキス、キメを整える/マヨナラ葉エキス、洗浄成分/カンゾウ根エキス)

マナラから新たに誕生した「アルカリシリーズ」は、白髪染めダメージをケアしながら、元々持つ髪悩みをケアするヘアケアシリーズ。
白髪染めの残留物であるアルカリ剤は、髪に対し、キューティクルを強制的に開かせ髪内部(コルテックス)までダメージを加え空洞化。頭皮に対しては、たんぱく質を破壊し酸化させ、乾燥を引き起こすことが分かった。頭皮と髪に残留するアルカリ剤は、白髪染め後約2週間は残留すると言われており、白髪染めを短期間(1か月~1か月半)に行うと、髪が立ち直りはじめたところに、また荒れる原因を作ってしまう。頻回に続けることで、さらにパサつき、うねりが悪化。ツヤのない髪に。

マナラ〈アルカリクレンズシャンプー〉は、生涯300回以上(ランクアップ調べ40代~70代の間に1か月半に1回白髪染めを行う回数)もの頻回な白髪染めにより、ダメージを受け続ける髪と頭皮の「残留アルカリ剤」を除去し、すこやかに整える。また、マナラ〈アルカリリペアトリートメント(ふんわり)〉は、白髪染めでダメージを受けた頭皮と髪の分け目にも着目。頭皮からトリートメントしてふんわり立ち上がる、毛先までサラつやの髪へと導く。シリーズで使うことで、年齢を重ねた大人の髪をよりしなやかに美しく整え、カラーリングの色持ちをキープ。心までうるおす、天然精油のハーバルゼラニウムの香り。着色料・合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤不使用。

※文中、写真の除去は洗い流すことを指す。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。