からだ

【ベジ活アドバイザーの生井理恵さん】“ベジ活”で、カラダの中から美しく。

〈連載〉ずっと会いたかった人(45)。生命力や活力の原点となる食材「野菜と果物」を、賢く摂るにはどうしたらいいか。日々、レシピを考え続けている女性がいます。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘア&メイク・藤田裕美 構成&文・越川典子

野菜や果物って、何より人を幸せにしてくれるんです。

1日2色は摂りましょう、と話す生井理恵さん

■ 生井理恵さん愛用の、ハンディブレンダー、バーミックスM300コンプリート(41,800円)を1名様にプレゼント!

ご存じ、バーミックスM300。中でも、料理好きの人が憧れる「コンプリート」。様々なアタッチメントで、つぶす・混ぜる・泡立てる・砕く・刻む・摺るー―本格的なフードプロセッサー機能を果たしてくれます。フレッシュジュース、スムージーやスープ作りに、挽肉や魚介のすり身にと、生井さんは使わない日がないくらい重宝しているとか。スイス製ならではの、高品質・高耐久性。色は、元気が出るレッドを。どしどしご応募ください。
↓応募は以下の記事画面から↓


野菜と果物を中心としたバランスのとれた食事を“ベジ活”と名づけ、講演にイベントにと多忙な生井理恵さん。

「父の糖尿病をきっかけに、野菜中心の食事に切り替えて18年。肌がきれいになった、便秘が治った、痩せた、風邪をひきにくくなったと、よいことばかり」

自身が40代に入った今は、抗加齢の視点でベジ活を伝えることが増えた。

愛用のデルメッド プレミアム UVベイス。「つけるだけで肌が内側から明るくなったように見えるのでZoomの講演にも欠かせません」

「色別に野菜を選びましょう。赤(トマト)は抗酸化作用。緑(ほうれん草)はデトックス。橙(かぼちゃ)は免疫力強化。黒・紫(きのこ・紫キャベツ)はアンチエイジング。白(玉ねぎ)は血液サラサラ。1日2色、1週間で全色を摂ると、バランスがとれるんです」

ケールなど春野菜を、ごま油×砂糖×醤油×酢を同量で混ぜ、おろしニンニクとすりごまを加えたドレッシングで食べる。「子どもも大人も好きな味。バクバク食べてくれます」
リコピンをたっぷり摂れるスープ。「舞茸にはMXフラクションという抗肥満成分があります」

肌は内臓を映す鏡。内側のケアと外側からのケア、両輪があってこそ。 「お互いが影響し合い、呼応しています。自分のことを後回しにしがちな女性はとくに、合理的によい食事を組み立て、効果のあるスキンケアを選ぶ目が必要です」


■ 生井理恵さん愛用の、ハンディブレンダー、バーミックスM300コンプリート(41,800円)を1名様にプレゼント!

ご存じ、バーミックスM300。中でも、料理好きの人が憧れる「コンプリート」。様々なアタッチメントで、つぶす・混ぜる・泡立てる・砕く・刻む・摺るー―本格的なフードプロセッサー機能を果たしてくれます。フレッシュジュース、スムージーやスープ作りに、挽肉や魚介のすり身にと、生井さんは使わない日がないくらい重宝しているとか。スイス製ならではの、高品質・高耐久性。色は、元気が出るレッドを。どしどしご応募ください。

↓応募は以下の記事画面から↓


生井理恵さんの、もっと深い話はdermed styleで!

スキンケアブランド「デルメッド」のWebマガジン『デルメッド・スタイル』。さまざまなジャンルで活躍する女性たちのライフスタイル、日々のカラダをメンテナンスするレシピ、美容成分図鑑……美しく生きるヒントが見つかります。

生井理恵 さん (なまい・りえ)

ベジ活アドバイザー

ベジフルビューティーアドバイザー、食育マイスター、野菜ソムリエとして、執筆や講演、食育活動に活躍中。著書に『ママとキッズの楽しい“ベジ活”』がある。

問合せ先・デルメッド 〈フリーダイヤル〉0120-847-447 www.dermed.jp

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。