からだ

脳トレって、認知症予防に効果があるって本当?【専門医に聞く認知症Q&A】

認知症専門医の木之下徹さんに、認知症の疑問を聞きました。
  • 撮影・岩本慶三 文・殿井悠子 イラスト・松元まり子

Q.脳トレって、認知症予防に効果があるって本当?

A.正直、計算が得意になるだけ。認知症の予防や改善になるという、確かな証明はまだされていない。

本人が楽しいと思ってやっているなら問題はないけど、無理やりやらされているとしたら、宿題をイヤイヤやらされている子どもと同じ。効果が出るどころか、かえってストレスになり悪影響だ。認知症は、専門家の間でもまだ解明されていないことが多く、研究の途上にある。エビデンス(科学的根拠)が十分ではない予防法に一喜一憂するのはいかがなものか。 

不確かなことを足場にするよりも、心臓にいいことは脳にもいい。身体の大きいぼくが言うのもおかしいですが、飲み過ぎ、食べ過ぎなど、一般的に身体によくないと言われていることは、脳にもいいことはありません。

周辺症状は病状ではなく、原因がほかにあるリアクション

認知症の主な症状は『中核症状』といわれるが、症状でなく機能の低下。ものごとが覚づらくなる「記憶障害」、時間や場所、理由が理解しづらくなる「見当識障害」、言葉が出づらくなる「言語障害」などが代表的。それによって引き起こされるさまざまな症状を周辺症状というが、木之下さんはこれは病気による症状ではなく、正当な原因によるリアクションだと考えている。

認知症の進行具合は10人いれば10通り。人それぞれ過ぎてセオリーはない。

「認知症になった本人が書いた『私は私になっていく 認知症とダンスを』という本がある。その中で彼は、認知症になって“不便だけれど不幸じゃない”と言っている。言葉が出づらくなったり、場所がわかりにくくなったりといったことは、たしかにある。したいことがしづらくなる不便さがある。自分が自分でなくなるという予感は、恐怖以外の何ものでもないでしょう。周囲に打ち明けられずに、自分の実態とかけ離れた認知症像を一人で抱え込むことも。『フラットに見つめてもらえる人に打ち明けたい』という本人の潜在的期待は大きい。いまは社会心理が変化し環境も整ってきたので、その後の暮らしに新たな光が見えてくるかもしれませんね」

まずは、人の気持ちに寄り添うことから見直してみたい。

木之下 徹

木之下 徹 さん (きのした・とおる)

1962年生まれ。東京大学医学部保健学科卒業。2014年、東京・三鷹に認知症外来専門「のぞみメモリークリニック」を開業。著書に『認知症の人が「さっきも言ったでしょ」と言われて怒る理由』(講談社)。

『クロワッサン特別編集 介護の「困った」が消える本。』(2021年9月30日発売)

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。