からだ
くらし

 2022年、運気を呼ぶファッションは?

大きな時代の節目を迎えている今、人々の価値観の移ろいとともにファッションにも変化の兆しが。青木良文さんが語る、新しい年のキーワードとは?
  • 撮影・黒川ひろみ イラストレーション・庄野紘子 文・黒澤 彩

本格的な風の時代に向け自分らしく装いを楽しむ。

西洋占星術における200年に一度の大きな転換期を迎えてから約1年。「風の時代は、まだ始まったばかり。本格的な変化が起きるのはこれからといわれています」と青木さん。「自分の軸を持つことが求められ、ファッションもトレンドやモテではなく、〝自愛〞がキーワードになりそうです」

ラッキーカラーはパープル。 心地よい天然素材を。

毎年、その年を象徴するラッキーカラーがあり、2022年はライトパープルやサーモンピンク、マルチカラーが挙げられているそう。アイテムでは縁を結ぶという意味でストール。肌触りのいいコットン、リネンなどの天然素材も幸運を呼ぶポイントに。「おしゃれはガマン!という時代は終わりです」

ランジェリーや香水、見えないものに重きを置く。

「これも風の時代らしい価値観ですが、目に見えないものがより大切になるのだそうです」。例えばランジェリー。人目に触れないものだからこそ、自分のためにいいものを選び、身につけたい。同じように、香水も目に見えない香りを纏うもの。ビジュアルよりも醸し出される印象が魅力になる。

服の始末をよくすれば、いい運気がめぐってくる。

着なくなった服はどうすれば? 「どうしても捨てざるを得ないものは白い布に包み、生活ゴミとは別にして処分しますが、なるべく人に譲るなどして、捨てないように心がけています。フリマアプリを活用してもいいのでは?」。それが面倒なら、ある程度の量をまとめて寄付する選択肢も。

青木良文 さん (あおき・よしふみ)

ファッション&占いエディター

雑誌『フィガロジャポン』のファッションと占いページを担当するほか、多くの女性誌で占いの企画を手がける。トークショーも人気。

『クロワッサン』1060号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。