からだ

長い袖で隠すと逆効果? 細見えするコーディネイトのポイント。

体形をカバーしたつもりで逆効果になっているNG例が、手持ちの服や小物をうまく組み合わせた〝痩せ見え〟コーディネートに変貌!
服飾戦略スタイリストの窪田千紘さんがアドバイスします。
  • 撮影・天日恵美子 スタイリング・窪田千紘、榎木直子(共にフォトスタイリングジャパン) ヘア&メイク・三輪昌子 モデル・窪田千紘、原田容子、榎木直子、吉田千恵子(以上フォトスタイリングジャパン) 文・菅野綾子

× 長い袖で肌が見えないとワイドな人に。

 ↓

◯ 色よりシルエットを重視。手首足首を出して細見え。

ワンピース10万7800円(SOFIE D’HOO RE/MANO自由が丘) ほかスタイリスト私物

【Point】手首と足首は見せたほうがスッキリ。

引き締め色の黒と膨張色の水色。しかし見比べてみると、結果は一目瞭然。黒のチュニックより水色のワンピースのほうが、断然細く見える。

「痩せて見える秘訣は、色よりシルエット。いくら黒でも長い袖で肌が見えないとただ体格が大きい人に。手首足首を出して腕や脚の長さを強調すれば、膨張色の水色でもスッキリして見える効果が。首回りも同様で、タートルネックや衿の詰まった丸首より、首が長く見えるV開きのトップスを選んだほうが、大人は着痩せしますよ」

窪田千紘

窪田千紘 さん (くぼた・ちひろ)

スタイリスト

ブログ「TOKYO REAL CLOTHES 大人世代リアルクローズ」が好評。近著は『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』(講談社)。

『クロワッサン』1049号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。