からだ

横長強調のボーダーはNG、〝痩せ見え〟コーディネートの正解とは?

体形をカバーしたつもりで逆効果になっているNG例が、手持ちの服や小物をうまく組み合わせた〝痩せ見え〟コーディネートに変貌!
服飾戦略スタイリストの窪田千紘さんがアドバイスします。
  • 撮影・天日恵美子 スタイリング・窪田千紘、榎木直子(共にフォトスタイリングジャパン) ヘア&メイク・三輪昌子 モデル・窪田千紘、原田容子、榎木直子、吉田千恵子(以上フォトスタイリングジャパン) 文・菅野綾子

× いくら流行っていてもボーダーは横長強調。

 ↓

◯ 柄物やジレ、小物などでとにかく縦のラインを作る。

全てスタイリスト私物

【Point1】長めのジレは手軽に縦長にしてくれる。
【Point2】ベルトの余りを垂らすことで縦の線が増える

いつの時代も使える永久定番アイテムのボーダーTシャツは、輪郭が丸い大人体形の人が着ると、横に広がったボディラインを強調してしまうことに。

「トレンドのジレは簡単に縦長シルエットを作れる最強アイテム。なかでもチェックなど縦線の入った柄を選び、丈の長いボトムスを合わせるとIラインを強調できます。さらなるポイントはウエストマーク。実際の腰よりやや高い位置に細ベルトをくるっと巻き、先端をラフに下に垂らすと、縦の線がさらに増えてスリム効果がアップ」

窪田千紘

窪田千紘 さん (くぼた・ちひろ)

スタイリスト

ブログ「TOKYO REAL CLOTHES 大人世代リアルクローズ」が好評。近著は『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』(講談社)。

『クロワッサン』1049号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。