からだ

内科医・秋津壽男さんが健康のためにやっていること5つ。

今日からできる、難しくない! 日常から取り入られる健康法を名医が紹介します。「歩く」健康法を実践している医師、秋津壽男さんが他にやっている健康法とは?
  • 文・白倉綾子 イラストレーション・ハラアツシ 撮影・岩本慶三
こんな健康法をやっています!

ドクター秋津健康法(1)毎朝、体重計でチェック。増えていたらすぐリセット!

「昨日よりも体重が増えていたら、昨日の食生活を振り返ります。お酒を飲んだ後にデザートを食べたから? と思い当たる節が出てきます。そうしたら、今日の食事はヨーグルトだけですまそうかと、プランとコンロールができます。そして翌日、体重が戻っていたら、やっぱり食べすぎだったかとなるんです。私の場合はBMI23をベースにし、22ならちょっと食べても安心、24なら調整を図ります」

朝起きて、トイレや食事の前に体重を測定して。前日比の増減で、その日の食事内容を考えるようにする。

ドクター秋津健康法(2)好奇心を持つことは、若さの秘訣。

定年退職した男性が趣味もない、友だちもいないとなると、バリバリ働いていたときとは比べものにならないほど衰えてしまいます。携帯に登録している人が、仕事関連を除いて3割以下だと認知症になりやすいというデータも。

「何でもいいから好奇心や興味を持つことで生命力があふれ、若々しくいられます。異性にモテたいという気持ちでもいいんです。私は面白いと思うものを見つけたら、手に取らずにはいられない性分です。好奇心から製品を分解してみたりもして、それが楽しい時間なんですよね」

若々しい脳は好奇心から。

診察室のガジェットたち。(右)温度計で、気温によって浮遊する色玉が代わる。(左)水が昇降しているように見えるオブジェがついた時計。

ドクター秋津健康法(3)夕食が外食の予定ならば、昼食は抜く。

「昼だからと習慣的に食べるのではなく、食事に意味をつけることです。私は特に食べたいものがなければお昼はとりませんし、楽しみな夕食が控えていたら、昼食を抜いて、万全の体調で挑みます。

空腹になるほどうれしいそう。

「夕食をとる時間がないから、昼はしっかり食べておこう、というのも正しい食事の仕方です。お腹が空いたからあるものを食べるのは、太りやすくなります」

「今夜は話題のお店で食事なので昼抜きです」とうれしそうに語る。

ドクター秋津健康法(4)掃除はしっかり、きっちり、真面目にやる。

お風呂を洗う、掃除機をかける、洗濯物を干すなど、家の掃除や家事は継続して日常的にできる運動です。きっちり、真面目にやれば、汗もかきますし、かなりの運動量になります。

「ジムで走る必要なんてありません。あたり前のことをきっちりやる、というのもポイント。ラジオ体操もいい加減にやらず、指先まで神経を使って動かすと、運動量は相当なものです」

ドクター秋津健康法(5)嘘でもいいから、口角を上げて笑う。

長年、同じように顔の筋肉を使っていると定着して、その表情の顔になります。

「にこやかな表情を作っている人は、笑っていなくても、ほほ笑んでいるような顔になります。周囲には、フレンドリーで幸せそうな人に見えますよね? それが若見えにつながるんです。毎日、眉をひそめていたら、顔が険しくなり、ネガティブな印象に。口角を上げて生活をしましょう」

秋津壽男

お話を伺ったのは

秋津壽男 さん (あきつ・としお)

内科医、医学博士。

1954年和歌山生まれ。柔らかな物腰とはっきりとした物言いで、町のお医者さんとして信頼が厚く、内科・循環器科・消化器科・アレルギー科・小児科を診る。わかりやすい説明が話題となり、テレビ番組への出演や雑誌、講演などさまざまなメディアで活躍。著書に『本当に怖いのは、第三の脂肪』(幻冬舎)ほか多数。
●秋津医院/東京都品川区戸越3-1-2 イマールビル2階 TEL.03-5749-2062
http://akitsu-clinic.life.coocan.jp/

『Dr.クロワッサン あなたも、すぐできる! 名医の健康法』(2019年9月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。