からだ
くらし
更新:

除菌、抗菌商品を買う際には表示されているどの成分をチェックすればいい? 専門家に聞く正しい知識。

なんとなく選んでしまいがちな菌やウイルスから身を守る商品。薬剤師ライターの高垣 育さんと富士フィルムメディカルシステムズの阿部洋史さんに正しい知識と最新情報を聞いた。
  • 撮影・岩本慶三 イラストレーション・山口正児 文・寺田和代

Q.除菌、抗菌商品を買う際には表示されているどの成分をチェックすればいい?

商品を選ぶ際は、菌やウイルスの除去に何が有効か、どう使うかなど情報を一般公開している公的機関のサイトなどに目を通しておくことが大切。

「厚労省もポスターやサイトで呼びかけていますので、菌やウイルスの除去に有効な成分は何か、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒に有効な濃度は、などのチェックを」(高垣さん)

NITE(製品評価技術基盤機構)など研究機関のサイトでは、ウイルス不活性化が確かめられた商品名を随時、発表しているので確認したい。

また、高垣さん、阿部さんが共に強調するのは、商品の謳い文句に惑わされることなく「医薬部外品」表記の有無、成分、成分濃度などの表示をよく確認すること。

「医薬部外品は、有効成分の効果が確認されていますから信頼の目安になります。医薬部外品でない雑品の場合は、厚労省のデータでアルコール度数60%以上が有効とされています。消毒用のアルコールの種類にはエタノールとイソプロパノールがありますが、どちらでも構いません」(阿部さん)

そのほかの除菌などへの有効成分としては、イソプロピルメチルフェノール、塩化ベンザルコニウム、ポビドンヨード(イソジン®のうがい薬などの主成分)などがある。

「ノンアルコールタイプの除菌剤では塩化ベンザルコニウムが使われることが多いです」(阿部さん)

医薬部外品は法律(薬機法)で、殺菌や消毒の効果が認められている。
ビオレガード薬用消毒スプレーα 350ml 900円*編集部調べ(花王 TEL.0120-165-692)

手指に直接吹きかけるエタノール(アルコール)79.7vol%配合の手指用消毒液。指定医薬部外品。

手ピカジェルプラス 300ml 1,200円*編集部調べ(健栄製薬 TEL.06-6231-5626)

エタノール(アルコール)76.9〜81.4vol%配合、手指や皮膚の清浄・消毒に使える。指定医薬部外品。

高垣 育

お話を伺ったのは

高垣 育 さん (たかがき・いく)

薬剤師ライター

調剤薬局で薬剤師として勤務する傍ら、薬剤などの専門ライターとして活躍。国際中医専門員。http://pharmacistwriter.com/

阿部洋史

お話を伺ったのは

阿部洋史 さん (あべ・ひろふみ)

富士フイルムメディカルシステム事業部 事業開発グループ長

1992年、同社入社後は研究所、ドイツ駐在などを経て2016年から現職。医療現場や公共施設などでの感染蔓延予防活動に尽力。

『クロワッサン』1034号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。