からだ
更新:

毎日の習慣にしたい6つの腸ストレッチ。

腸を健康に保つために実践したいストレッチを順天堂大学医学部教授、小林弘幸さんに教わります。
  • 文・吉田真緒 撮影・青木和義 スタイリング・高島聖子 モデル ・くらさわかずえ

固まった筋肉をほぐし、腸が動きやすい〝しなやかなお腹〟に。

[体側伸ばし]

【ゆっくり深い呼吸で気持ちよく伸びる感じで。】

デスクワークなどで同じ姿勢を続けていると、筋肉はその状態で固まってしまいがち。すると腸への刺激も少なくなります。

「体側伸ばし」は、腸の周りの筋肉をほぐすストレッチ。寝起きや、長時間同じ姿勢を続けた後など、体が硬直しているときにおすすめです。

深い呼吸とともに、ゆっくり行いましょう。上半身を倒す角度は、気持ちよく伸びていると感じられる程度に。副交感神経の働きが高まり、腸のぜん動運動が促進されます。血流もよくなり、気分もスッキリ!

1.足を肩幅に開いて立ち、腕を上げ、手首を交差させて両手のひらを合わせる。息を吸いながら、肩甲骨を寄せるようにして、手を上に伸ばす。

2.息を吐きながら上半身を右へゆっくりと倒す。左側の脇腹が伸びるのを感じながら、そのまま自然な呼吸を数回繰り返す。

3.ゆっくりと上半身を起こし、もとの姿勢に戻る。再び息を吸いながら、肩甲骨を寄せるようにして、手を上に伸ばす。

4.息を吐きながら、上半身を左へゆっくり倒し、そのまま自然な呼吸を数回繰り返す。上半身を起こし、もとの姿勢に戻る。

5.息を吸いながら手を上に伸ばし、吐きながら上半身を前に倒す。背中はまっすぐのまま、倒せるところまで倒す。もとの姿勢に戻る。

1 2 3 5
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。